三角合併

三角合併とは、合併(買収)される企業の株主に対して、合併する側の企業(存続会社)の株式ではなく、合併する企業の親会社等の株式を交付する合併のことです。
2007年5月から、海外企業が日本現地法人(日本にある子会社)を通じて日本の国内企業を買収する、海外企業による三角合併が解禁されました。

従来、企業合併を行なう際には、合併される企業の株主に対して、合併する側の企業(存続会社)の株式を交付する必要がありましたが、会社法施行規則の改正により、他の企業の株式(例えば親会社株式)を交付することも可能となりました。

流動性からみた投資家にとっての留意点

条件

三角合併方式で上場企業(イ)社の非上場子会社(ロ)社と、別の上場企業(ハ)社が合併する場合

流動性からみた投資家のメリット

三角合併であれば、存続会社が非上場の(ロ)社であっても、(ハ)社の株主は上場している(イ)社の株式を割り当てられるので、流動性(保有株式の売却のしやすさ)は維持されます。

流動性からみた投資家の留意点

しかし、(イ)社が国内企業ではなく海外企業であり海外の取引所にしか上場していない場合、国内上場(ハ)社の株主は、国内ですぐに取引できない(イ)社の株式を保有することになり、流動性は著しく低下します。

  • 投資家は、必ずしも(イ)社の株主となる必要はなく、買い取りを要請することもできます。
  • 流動性だけで投資家にとっての合併のメリット・デメリットを判断することはできません。

※情報提供を目的として大和証券投資信託委託株式会社が作成したものです。
※各種の信頼できる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性が保証されているものではありません。

  • 当サイトは大和証券投資信託委託株式会社が情報提供を目的として作成したものです。特定ファンドのご購入にあたっては、販売会社よりお渡しする「投資信託説明書(交付目論見書)」の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
  • 投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は大きく変動します。したがって、投資元本が保証されているものではありません。信託財産に生じた利益および損失はすべて投資者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。
  • 投資信託は預金や保険契約とは異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。証券会社以外でご購入いただいた投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 当サイトは信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。運用実績などの記載内容は過去の実績であり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。また、税金、手数料等を考慮しておりませんので、投資者の皆さまの実質的な投資成果を示すものではありません。記載内容は資料作成時点のものであり、予告なく変更されることがあります。
  • 分配金額は収益分配方針に基づいて委託会社が決定します。あらかじめ一定の額の分配をお約束するものではありません。分配金が支払われない場合もあります。