NASDAQ100
特集

NASDAQ100
(ナスダック100)とは?

米国NASDAQ(ナスダック)市場の代表的な企業の株式で構成される株価指数です。

人々の生活に浸透した製品・サービスを提供する企業から、ITやバイオテクノロジーなどの最先端技術を有する企業まで、多種多様な企業で構成されています。

概要

NASDAQ100の概要を米国の代表的な株価指数であるS&P500と比較して紹介します。

NASDAQ100はS&P500と比較して企業数は少ないものの、ナスダック市場全体の時価総額の7割り程度を占めます。

※上記は2020年12月末時点

パフォーマンス

株価指数の推移(米ドルベース)


上記はあくまで過去の指数の推移であり、ファンドの実績ではございません。また、必ずしも将来の成果を示唆・保証するものではありません。

積立投資シミュレーション

過去30年 毎月3万円

NASDAQ100 過去30年毎月3万円 シュミレーション

過去20年 毎月3万円

NASDAQ100 過去20年毎月3万円 シュミレーション

過去10年 毎月3万円

NASDAQ100 過去10年毎月3万円 シュミレーション

【上記の各グラフについて】※期間中、毎月末に積み立てたと仮定して算出 (最終月は積立せず、購入時手数料は考慮せず)※算出は配当込み、円換算ベース(配当込みデータが無い期間はプライスを使用)(出所:ブルームバーグのデータから大和アセット作成)


上記のグラフはあくまで過去のデータを用いた検証結果であり、ファンドの実績ではございません。
また、必ずしも将来の成果を示唆・保証するものではありません。

NASDAQ100とS&P500の
大きな違い

S&P500の採用基準は、時価総額が82億ドル以上、流動性が高く、浮動株が発行済株式総数の50%以上、4四半期連続で黒字維持が条件となっており、さらには米国の企業であるという制限もあります。

一方NASDAQ100の採用基準では米国外の企業も対象であり、資本、時価総額、利益、キャッシュフローなどから構成される基準のうちどれか一つを満たせば、赤字企業でも指数採用の対象となることが可能です。

NASDAQ100であれば、新興企業によく見られる積極的な投資による赤字を伴った企業でも採用の可能性があり、イノベーションの種を早期に取り入れることが期待できます。

この点が、NASDAQ100とS&P500の大きな違いのひとつであり、指数算出来のリターンへも影響を与えていると考えられます。

※上記は2020年12月末時点

スペシャルコンテンツ

コラム

NASDAQ100関連の
投資信託

※指数について
NASDAQ100指数はNasdaq,Inc.の登録商標です。

ファンド(投資信託)のリスクについて

投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は大きく変動します。したがって、投資元本が保証されているものではありません。信託財産に生じた利益および損失はすべて投資者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。投資信託が投資する有価証券等によりリスクの要因は異なりますので、お申込みにあたっては、投資信託の「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。

お客さまにご負担いただく費用

投資信託のご購入時や運用期間中には以下の費用がかかります。費用の種類や料率等は販売会社や個々の投資信託によって異なります。下記費用の料率は大和アセットマネジメントが運用する一般的な投資信託の料率を表示しております。ファンド・オブ・ファンズでは、ファンドが投資対象とする投資信託の運用管理費用等を別途ご負担いただきます。また投資信託によっては、運用実績に応じた報酬や換金手数料をご負担いただく場合があります。

(2019年10月現在)

直接的にご負担いただく費用

購入時手数料
  • 料率
    0~3.3%(税込)
  • 費用の内容
    購入時の商品説明または商品情報の提供、投資情報の提供、取引執行等の対価です。
  • ご負担いただく費用金額のイメージ(金額は上記の料率の上限で計算しています)
    基準価額10,000円の時に100万口を購入される場合、最大33,000円をご負担いただきます。
信託財産留保額
  • 料率
    0~0.5%
  • 費用の内容
    換金に伴い必要となる費用等を賄うため、換金代金から控除され、信託財産に繰入れられます。
  • ご負担いただく費用金額のイメージ(金額は上記の料率の上限で計算しています)
    基準価額10,000円の時に100万口を換金される場合、最大5,000円をご負担いただきます。

信託財産で間接的にご負担いただく費用

運用管理費用(信託報酬)
  • 料率
    年率0~1.98%(税込)
  • 費用の内容
    投資信託の運用・管理費用として、販売会社、委託会社、受託会社の三者が、信託財産の中から受け取る報酬です。
  • ご負担いただく費用金額のイメージ(金額は上記の料率の上限で計算しています)
    基準価額10,000円の時に100万口を保有される場合、最大1日あたり約55円をご負担いただきます。
その他の費用・手数料
監査報酬、有価証券売買時の売買委託手数料、先物取引・オプション取引等に要する費用、資産を外国で保管する場合の費用等を信託財産でご負担いただきます。(その他の費用・手数料については、運用状況等により変動するため、事前に料率、上限額等を示すことができません)

※手数料等の合計額については保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。

※投資信託により異なりますので、くわしくは販売会社にお問合わせください。また、詳細につきましては「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。