世界の有望企業“群”をその手に。 あなたのライフサイクルパートナー iFreeレバレッジ

あなたのライフサイクルパートナー

わたしたちが生きる現代の資本主義社会では、
株式投資を通じて、
優れたテクノロジーやプロダクト、
サービス、ビジネスモデルを保有する
有望な企業のオーナー(株主)になれます。

iFreeレバレッジはその点に着目した
ファンドシリーズです。
ファンドごとに世界の有望企業を厳選し、
パッケージングした企業“群”を提供します。
世界の有望企業“群”を自分好みにコレクションでき、
外部資本を活用して元手をかんたんに増やせるのが
iFreeレバレッジです。

iFreeレバレッジは長期の積立投資にも
活用できるように信託期間は無期限です。
あなたのライフサイクルパートナーとして、
長く付き合えるファンドシリーズです。

iFreeレバレッジのイメージ

「世界の有望企業群のオーナーシップを効率的に保有する」
これが、iFreeレバレッジの本質的な意味合いです。

Collection “厳選されたラインナップ”

世界の有望企業“群”を保有

iFreeレバレッジは世界中の企業の中から成長期待の高い有望な企業群を選別し、ファンドごとにパッケージング。
米国の代表的な企業群や世界のイノベーションを牽引する企業群など厳選されたランナップから、あなた好みの企業“群”を構築・コレクションできます。

世界最高峰のイノベーション企業群 NASDAQ100

POINT

NASDAQ100はナスダック市場に上場する時価総額TOP100(金融除く)の企業群です。
Google、Amazon、Apple、Microsoft、Teslaといった超有名企業に加えZOOMなど新進気鋭の新興企業も連なります。

米国の代表的な企業群 S&P500

POINT

S&P500は米国上場の企業TOP500社で構成されます。
世界経済の中心である米国のTOP500企業であり、ある意味、世界でも厳選された有数の企業群とも言えます。

超精鋭メガテック企業群 FANG+

POINT

FANG+は、次世代テクノロジーをベースに、グローバルな現代社会において人々の生活に大きな影響力を持ち、高い知名度を有する米国上場の厳選された企業群です。

次世代のスター企業群 NASDAQ次世代50

POINT

NASDAQ次世代50は、将来的にNASDAQ100への組み入れが見込まれるNASDAQ市場上場の50社です。
将来が期待される次世代の有望企業が集結しています。

中国メガテック企業群 ATMX+

POINT

ATMX+は、中国を中心に世界のテクノロジー進化をリードする企業群です。
中国のテクノロジー関連企業のみで構成されています。

WHAT'S NEXT?

iFreeレバレッジが注目するのは、何千何万とある世界中の企業ではなく、数百から数十の有望な企業群に限られます。なぜなのか?
世界中で人気のスポーツ「サッカー」を例に考えてみましょう。

世界にはアマチュアからトッププロに至るまで大小さまざまなサッカークラブが存在しますが、多くのサッカーファンが注目するのは、有名なスタープレイヤーが数多く所属するトッププロの限られた一部のサッカークラブではないでしょうか。

※上記はイメージです。

iFreeレバレッジが有望な企業群にのみ注目するのも似たような理由です。
世界中の企業に分散投資するのではなく、厳選された一部の企業群にのみ投資することで、長期的に高いリターンが期待できると考えているからです。

※上記はイメージです。

ここで有望な企業群に投資対象を限定することの意味をご理解いただくために、有望な企業群の候補であるNASDAQ100と全世界株式のパフォーマンスをご紹介します。

NASDAQ100と全世界株式の株価パフォーマンス
  • NASDAQ100はNASDAQ100指数、全世界株式はMSCI All Country World Indexを使用
  • 両指数とも配当無し、米ドルベース
  • MSCI All Country World Indexのデータ取得可能な1987年12月末を100として指数化

(出所:ブルームバーグ)

上記はあくまで過去の指数推移であり、ファンドの実績ではございません。
また、必ずしも将来の成果を示唆・保証するものではございません。

有望な企業群の候補であるNASDAQ100と全世界株式のパフォーマンスは、長期的に大きな差がつきました。

もちろん上記は過去の結果であり、将来を何ら示唆・保証するものではございませんが、iFreeレバレッジが有望な企業群に注目する理由がここにあります。

Investing Small
Amounts of Money
“少額投資もサポート”

外部資本をかんたん活用

iFreeレバレッジは外部資本を活用します。
ファンドの運用者である大和アセットマネジメントが、外部からの資金調達の役割を担うため、面倒な手続きなど一切無く、元手をかんたんに増やした状態で投資をスタートできます。

iFreeレバレッジは外部資本を活用することで、少額からの投資もサポートできます。

iFreeレバレッジに
100万円投資する場合のイメージ

(レバレッジ2倍のケース)

※上記はイメージです。

iFreeレバレッジはレバレッジをかける際に金融派生商品を活用するため実際に出資するわけではないのですが、当ファンドを、自己資本に加えて外部資本も活用する「効率的な出資ツール」とする捉え方も可能と考えます。

バランスシートで考えますと、「資産:有望な企業群」、「負債:外部資本」、「資本:投資家の自己資金」というイメージです。

バランスシートで見るiFreeレバレッジ

(100万円投資、レバレッジ2倍のケース)

※上記はイメージです。

投機、投資ではなく「出資」。「出資」となると、時価すなわち日々の換金可能額よりも、出資先企業の成長性、将来性がより重要になってきます。

iFreeレバレッジを出資ツールと捉えることで、ファンドの保有期間の時間軸のイメージや日々の値動きに対する感じ方も変化するのではないかと考えられます。

Long-term Relationship “長く付き合える”

信託期間は無期限

iFreeレバレッジの信託期間は無期限です。

一般的なレバレッジファンドは信託期間(ファンドが運用される期間)が3年など短いものが多いです。しかし「iFreeレバレッジ」は長期の積立投資での活用を想定しているため、信託期間は、運用期限をあらかじめ定めない無期限としています。

※上記はあくまでイメージであり、
ファンドによっては繰上償還する場合もございます。

iFreeレバレッジの保有を通じて、
「資本主義の下、資本家として
世界の有望な企業群を部分所有する。
そして、これらの企業の長期にわたる成長の果実を、
資本家として享受する」、
このように考えることも可能です。

iFreeレバレッジには「NASDAQ100指数」や
「FANG+指数」、
「NASDAQ次世代50指数」などの
株価指数に
レバレッジをかけた
ファンドを取り揃えております。
それらを組み合わせれば、資本家として
オーナーシップを保有することができる企業の
選択肢が拡がります。

iFreeレバレッジは長く付き合える
ライフサイクルパートナーとして、
あなたの投資をサポートします。

Fund List ファンド一覧

各ファンドの運用実績をランキング形式で掲載。
iFreeレバレッジの実力を確認できます。

iFreeレバレッジ 運用実績を見る

iFree レバレッジ

追加型投資 / 海外 / 株式 / 特殊型(ブル・ベア型)

レバレッジ2倍

iFree レバレッジ

追加型投資 / 海外 / 株式 / 特殊型(ブル・ベア型)

レバレッジ2倍

iFree レバレッジ

追加型投資 / 海外 / 株式 / 特殊型(ブル・ベア型)

レバレッジ2倍

iFree レバレッジ

追加型投資 / 海外 / 株式 / 特殊型(ブル・ベア型)

レバレッジ2倍

iFree レバレッジ

追加型投資 / 海外 / 株式 / 特殊型(ブル・ベア型)

レバレッジ2倍

ファンド(投資信託)のリスクについて

投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は大きく変動します。したがって、投資元本が保証されているものではありません。信託財産に生じた利益および損失はすべて投資者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。投資信託が投資する有価証券等によりリスクの要因は異なりますので、お申込みにあたっては、投資信託の「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。

お客さまにご負担いただく費用

投資信託のご購入時や運用期間中には以下の費用がかかります。費用の種類や料率等は販売会社や個々の投資信託によって異なります。下記費用の料率は大和アセットマネジメントが運用する一般的な投資信託の料率を表示しております。ファンド・オブ・ファンズでは、ファンドが投資対象とする投資信託の運用管理費用等を別途ご負担いただきます。また投資信託によっては、運用実績に応じた報酬や換金手数料をご負担いただく場合があります。

(2019年10月現在)

直接的にご負担いただく費用

購入時手数料

  • 料率
    0~3.3%(税込)
  • 費用の内容
    購入時の商品説明または商品情報の提供、投資情報の提供、取引執行等の対価です。
  • ご負担いただく費用金額のイメージ(金額は上記の料率の上限で計算しています)
    基準価額10,000円の時に100万口を購入される場合、最大33,000円をご負担いただきます。

信託財産留保額

  • 料率
    0~0.5%
  • 費用の内容
    換金に伴い必要となる費用等を賄うため、換金代金から控除され、信託財産に繰入れられます。
  • ご負担いただく費用金額のイメージ(金額は上記の料率の上限で計算しています)
    基準価額10,000円の時に100万口を換金される場合、最大5,000円をご負担いただきます。

信託財産で間接的にご負担いただく費用

運用管理費用(信託報酬)

  • 料率
    年率0~1.98%(税込)
  • 費用の内容
    投資信託の運用・管理費用として、販売会社、委託会社、受託会社の三者が、信託財産の中から受け取る報酬です。
  • ご負担いただく費用金額のイメージ(金額は上記の料率の上限で計算しています)
    基準価額10,000円の時に100万口を保有される場合、最大1日あたり約55円をご負担いただきます。

その他の費用・手数料

監査報酬、有価証券売買時の売買委託手数料、先物取引・オプション取引等に要する費用、資産を外国で保管する場合の費用等を信託財産でご負担いただきます。(その他の費用・手数料については、運用状況等により変動するため、事前に料率、上限額等を示すことができません)

  • 手数料等の合計額については保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。
  • 投資信託により異なりますので、くわしくは販売会社にお問合わせください。また、詳細につきましては「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。

指数について

《iFreeレバレッジ S&P500》

S&P500(以下「当インデックス」といいます。)は、S&P Global の一部門であるS&P DowJones Indices LLC(「SPDJI」)の商品であり、これを利用するライセンスが大和アセットマネジメント株式会社に付与されています。Standard & Poor’s®およびS&P®は、S&P Global の一部門であるStandard & Poor’s Financial ServicesLLC(「S&P」)の登録商標で、DowJones®はDow Jones Trademark Holdings LLC(「Dow Jones」)の登録商標であり、これらの商標を利用するライセンスがSPDJI に、特定目的での利用を許諾するサブライセンスが大和アセットマネジメント株式会社にそれぞれ付与されています。当ファンドは、SPDJI、DowJones、S&P またはそれぞれの関連会社によってスポンサー、保証、販売、または販売促進されているものではなく、これら関係者のいずれも、かかる商品への投資の妥当性に関するいかなる表明も行なわず、当インデックスの誤り、欠落、または中断に対して一切の責任も負いません。

《iFreeレバレッジ NASDAQ100》

当ファンドは、Nasdaq, Inc. またはその関連会社(以下、Nasdaq, Inc. およびその関連会社「株式会社」と総称します。)によって、支援、推奨、販売または販売促進されるものではありません。株式会社は、ファンドの合法性もしくは適合性について、または当ファンドに関する記述および開示の正確性もしくは妥当性について認定するものではありません。株式会社は、当ファンドの保有者または公衆一般のいかなる者に対しても、一般的な証券投資または特に当ファンドへの投資についての妥当性や、NASDAQ-100 Indexの一般的な株式市況への追随可能性について、明示的か黙示的かを問わず、何らの表明もしくは保証も行ないません。株式会社と大和アセットマネジメント株式会社との関係は、Nasdaq®およびNASDAQ-100 Indexの登録商標ならびに株式会社の一定の商号について使用を許諾すること、ならびに、大和アセットマネジメント株式会社または当ファンドとは無関係に、ナスダックが決定、構築および算出を行なうNASDAQ-100 Indexの使用を許諾することに限られます。ナスダックは、NASDAQ-100 Indexの決定、構築および計算に関し、大和アセットマネジメント株式会社または当ファンドの保有者の要望を考慮する義務を負いません。株式会社は、当ファンドの発行に関してその時期、価格もしくはその数量の決定について、または当ファンドを換金する際の算式の決定もしくは計算についての責任を負っておらず、また関与をしていません。株式会社は、NASDAQ-100 Indexとそれに含まれるデータの正確性および中断されない算出を保証しません。株式会社は、NASDAQ-100 Indexまたはそれに含まれるデータの利用により、大和アセットマネジメント株式会社、当ファンドの保有者またはその他いかなる者もしくは組織に生じた結果についても、明示的か黙示的かを問わず、何らの保証も行ないません。株式会社は、明示的か黙示的かを問わず、何らの保証も行なわず、かつNASDAQ-100 Index®またはそれに含まれるデータの利用に関する、特定の目的または利用のための市場商品性または適合性については、いかなる保証についても明示的に否認します。上記に限らず、いかなる場合においても、株式会社は、いかなる逸失利益または特別、付随的、懲罰的、間接的もしくは派生的損害や損失について、たとえもし当該損害等の可能性につき通知されていたとしても、何らの責任も負いません。

《iFreeレバレッジ ATMX+ 》

FactSetは、FactSet ATMX+指数の正確性および、または完全性を保証するものではありません。 また、その中に含まれるデータおよびインデックス使用許諾者は、いかなる誤り、欠落または中断について責任を負うものではありません。FactSetは、インデックスの使用許諾者、当ファンドの所有者、または当インデックスまたはそれに含まれるすべてのデータの使用に起因する他の人物または組織によって得られる結果について、明示的または黙示的に保証されるものではありません。FactSetは、明示的または黙示的を問わず、いかなる保証もせず、当インデックスまたはそれに含まれるすべてのデータの商品性、特定の目的または使用への適合性について、一切の保証を明示的に否認します。 これに限定されず、FactSetは、たとえそのような損害の可能性について知らされていたとしても、 特別損害、懲罰的損害、間接的損害または派生的損害(逸失利益を含む)に対する責任を一切負うものではありません。

《iFree レバレッジ FANG+ 》

NYSE® FANG+™は、 ICE Data Indices, LLC またはその関連会社(以下「 ICE データ」)の登録商標であり、 NYSE® FANG+™ 指数およびNYSE® FANG+™ 指数(円ベース)(以下「指数」)を利用するライセンスが FANG+ インデックスマザーファンド(以下「ファンド」)において、大和アセットマネジメント株式会社に付与されています。大和アセットマネジメント株式会社およびファンドは、 ICE データによってスポンサー、販売、または販売促進されているものではなく、 ICE データは、証券投資全般、特にファンドへの投資の妥当性について、または指数が一般的な株式市場のパフォーマンスを追随することについて、いかなる表明保証を行うものではありません。 ICE データおよびその第三者供給元は、明示または黙示の保証を行わず、インデックス、インデックスの値またはそれに含まれるすべてのデータに関して、商品性または特定の目的への適合性のすべての保証を明示的に否認します。 ICE データは、たとえそのような損害の可能性について、特別、懲罰的損害、直接的、間接的、または結果的損害(利益の損失を含む)に対する責任は通知されていたとしても一切負いません。

《iFreeレバレッジ NASDAQ次世代50》

当ファンドは、Nasdaq, Inc. またはその関連会社(以下、Nasdaq, Inc. およびその関連会社を「株式会社」と総称します。)によって、支援、推奨、販売または販売促進されるものではありません。株式会社は、ファンドの合法性もしくは適合性について、または当ファンドに関する記述および開示の正確性もしくは妥当性について認定するものではありません。株式会社は、当ファンドの保有者または公衆一般のいかなる者に対しても、一般的な証券投資または特に当ファンドへの投資についての妥当性や、NASDAQ Q-50 Indexの一般的な株式市況への追随可能性について、明示的か黙示的かを問わず、何らの表明もしくは保証も行ないません。株式会社と大和アセットマネジメント株式会社(「ライセンシー」)との関係は、Nasdaq ®およびNASDAQ Q-50 Indexの登録商標ならびに株式会社の一定の商号について使用を許諾すること、ならびに、大和アセットマネジメント株式会社または当ファンドとは無関係に、ナスダックが決定、構築および算出を行なうNASDAQ Q-50 Indexの使用を許諾することに限られます。ナスダックは、NASDAQ Q-50 Indexの決定、構築および計算に関し、大和アセットマネジメント株式会社または当ファンドの保有者の要望を考慮する義務を負いません。株式会社は、当ファンドの発行に関してその時期、価格もしくはその数量の決定について、または当ファンドを換金する際の算式の決定もしくは計算についての責任を負っておらず、また関与をしていません。株式会社は、NASDAQ Q-50 Indexとそれに含まれるデータの正確性および中断されない算出を保証しません。株式会社は、NASDAQ Q-50 Indexまたはそれに含まれるデータの利用により、大和アセットマネジメント株式会社、当ファンドの保有者またはその他いかなる者もしくは組織に生じた結果についても、明示的か黙示的かを問わず、何らの保証も行ないません。株式会社は、明示的か黙示的かを問わず、何らの保証も行なわず、かつNASDAQ Q-50 Index ®またはそれに含まれるデータの利用に関する、特定の目的または利用のための市場商品性または適合性については、いかなる保証についても明示的に否認します。上記に限らず、いかなる場合においても、株式会社は、いかなる逸失利益または特別、付随的、懲罰的、間接的もしくは派生的損害や損失について、たとえもし当該損害等の可能性につき通知されていたとしても、何らの責任も負いません。