iFreeレバレッジ S&P500 追加型投信/海外/株式/特殊型(ブル・ベア型)

レバレッジ×S&P500

当ファンドは米国を代表する株価指数であるS&P500指数を対象にしたレバレッジ型ファンドです。
日々の基準価額の値動きがS&P500指数(米ドルベース)の値動きの2倍程度となることをめざします。

レバレッジとは?レバレッジとは?

「レバレッジ」とは、「テコの原理」を意味する言葉で、小さな力(少額の資金)で大きなもの(大きな金額)を動かすことを言います。
レバレッジを高く設定することで、少ない資金を効率的に使い大きな利益を狙えることがメリットですが、その分値動きは大きくなります。

【レバレッジ=テコの原理】 【レバレッジ=テコの原理】

レバレッジ型ファンドは、対象指数・相場の日々の値動きに対して2倍、3倍等のレバレッジをかけた運用成果を目指して運用を行なう投資信託です。たとえば、対象指数に対して2倍のレバレッジをかけたファンドであれば、対象指数が1日に10%上昇した場合、ファンドの基準価額は20%程度上昇します。逆に対象指数が1日に10%下落した場合、基準価額が20%程度下落します*。

  • *日々の基準価額の値動きは、対象指数の値動きの「ちょうど2倍」になるとはかぎりません。

レバレッジ型ファンド(2倍)の値動きのイメージ

レバレッジ型ファンド(2倍)の値動きのイメージ レバレッジ型ファンド(2倍)の値動きのイメージ
  • ※上記はあくまでイメージであり、将来の成果を保証するものではありません。
  • ※ファンド保有期間が2日以上の場合の投資結果は、通常「2倍程度」になるわけではありません。

S&P500とは?S&P500とは?

ニューヨーク証券取引所、NASDAQに上場している銘柄から
代表的な大型株500銘柄の株価を基に算出される時価総額加重平均株価指数です。

ニューヨーク証券取引所、NASDAQに上場している銘柄から代表的な大型株500銘柄の株価を基に算出される時価総額加重平均株価指数です。

S&P500をベンチマークとする運用資産の総額は9兆9千億米ドルを超えており、この指数に連動する金融商品の運用資産額は約3兆4千億米ドルに及びます。
この指数は米国の主要産業を代表する500社により構成されており、採用銘柄は約40業種に及んでいて、米国株式市場の時価総額の約80%をカバーしています。

S&P500 組入上位10銘柄 S&P500 産業分類別構成比率 S&P500 組入上位10銘柄 S&P500 産業分類別構成比率

世界の機関投資家の運用実績を測定するベンチマークとして幅広く利用されています。
S&P500とNYダウの違い
S&P500とNYダウの違い

米国の株式市場の値動きを測る代表的な指標にはS&P500以外にも、
ダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)があります。

米国の株式市場の値動きを測る代表的な指標にはS&P500以外にも、ダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)があります。

S&P500とNYダウの違い S&P500とNYダウの違い

ファンドの目的・特色ファンドの目的・特色

日々の基準価額の値動きがS&P500指数(米ドルベース)の値動きの2倍程度となることをめざします。

  • 株式の組入総額と株価指数先物取引の買建玉の時価総額の合計額が、原則として信託財産の純資産総額の2倍程度になるように調整します。

株式の組入総額と株価指数先物取引の買建玉の時価総額の合計額が、原則として信託財産の純資産総額の2倍程度になるように調整することにより、日々の基準価額の値動きがS&P500指数(米ドルベース)の値動きの2倍程度となることをめざします。

  • ◆為替変動リスクを低減するため、為替ヘッジを行ないます。
  • ◆外貨建資産の運用にあたっては、ダイワ・アセット・マネジメント(アメリカ)リミテッドに運用の指図にかかる権限の一部を委託します。
  • ※日々の基準価額の値動きは、米国の株式市場の値動きの「ちょうど2倍」になるとはかぎりません。
    くわしくは「投資信託説明書(交付目論見書)」の「追加的記載事項」をご覧ください。

株式の組入総額と株価指数先物取引の買建玉の時価総額の合計額が、原則として信託財産の純資産総額の2倍程度になるように調整します。 株式の組入総額と株価指数先物取引の買建玉の時価総額の合計額が、原則として信託財産の純資産総額の2倍程度になるように調整します。

  • ◆為替変動リスクを低減するため、為替ヘッジを行ないます。
  • ◆外貨建資産の運用にあたっては、ダイワ・アセット・マネジメント(アメリカ)リミテッドに運用の指図にかかる権限の一部を委託します。
  • ※日々の基準価額の値動きは、米国の株式市場の値動きの「ちょうど2倍」になるとはかぎりません。
    くわしくは「投資信託説明書(交付目論見書)」の「追加的記載事項」をご覧ください。

S&P500®について

S&P500は、S&P Dow Jones Indicesが算出しているアメリカの代表的な株価指数で、ニューヨーク証券取引所、NASDAQに上場している銘柄から代表的な大型株500銘柄の株価を基に算出される時価総額加重平均型株価指数です。
世界の機関投資家の運用実績を測定するベンチマークとして幅広く利用されています。

  • 当ファンドは、インターネットでのお申込みを想定したファンドです。

※お申し込みの際は、「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。

  • ファンドは、値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。したがって、投資元本が保証されているものではなく、これを割込むことがあります。
  • 信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。
  • 基準価額の主な変動要因については次のとおりです。
    「株価指数先物取引の利用に伴うリスク」、「価格変動リスク・信用リスク(株価の変動、債券の価格変動)」、「為替変動リスク」、「カントリー・リスク」、「その他(解約申込みに伴うリスク等)」

※ ファンド保有期間が2日以上の場合の投資成果は、通常「2倍程度」になるわけではありません。

※ S&P500指数が上昇・下落を繰返した場合には、当ファンドの基準価額は時間の経過とともに押下げられることとなります。

※ 基準価額の変動要因は、上記に限定されるものではありません。

※ くわしくは「投資信託説明書(交付目論見書)」の「投資リスク」をご覧ください。

iFreeレバレッジ S&P500の購入時や運用期間中には以下の費用がかかります。(2019年10月現在)
詳細につきましては、「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。

お客さまに直接的にご負担いただく費用

  • 購入時手数料
    販売会社が別に定める率
    <上限>2.2%(税込)
  • 信託財産留保額
    ありません。

お客さまに保有期間中に間接的にご負担いただく費用

  • 運用管理費用(信託報酬)
    運用管理費用の総額は、日々の信託財産の純資産総額に対して年率0.99%(税込)
  • その他の費用・手数料
    監査報酬、有価証券売買時の売買委託手数料、先物取引・オプション取引等に要する費用、資産を外国で保管する場合の費用等を信託財産でご負担いただきます。
    ※「その他の費用・手数料」については、運用状況等により変動するため、事前に料率、上限額等を示すことができません。

※購入時手数料について、くわしくは販売会社にお問合わせください。

※手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。また、上場投資信託証券は市場価格により取引されており、費用を表示することができません。