投資信託について

流動性

有価証券や為替取引において、流動性は、売買機会や制約条件の多寡を表します。

流動性の高低は、売買時における価格の柔軟性にも影響を与えます。取引高が少ないがために売買可能な時期や数量に制約があれば、つまり流動性が低ければ、不本意な価格であっても受け入れる必要があります。自身の売買注文が価格を押し下げ、または押し上げてしまう可能性も出てきます。

一般に、信用力が高い投資対象と低いものでは、高い方が流動性が高くなります。安心感から保有しやすい、つまり取引参加者が多くなる傾向があるからです。また、市場にしろ銘柄にしろ時価総額、発行数量が大きいと、保有者が多いことから取引参加者や売買される量・機会が多くなる傾向がありますので、流動性が確保されやすくなります。
株式や国債は、事業債や地方債、REIT(リート)等に比べ、取引の参加者が多く取引高も大きいことから、流動性が高い資産といえます。

同じ日本の株式でも、東証1部上場の銘柄と新興市場の銘柄では、信用力が高く時価総額が大きい東証1部上場の銘柄の方が、流動性は高い傾向があります。先進国と新興国では、一般的に先進国の方が流動性が高いといえます。

また、指数への採用が流動性を高めることもあります。指数連動を望む機関投資家や指数(インデックス)連動型のファンドは、銘柄固有の条件に関係なく、資金の流出入に合わせて指数採用銘柄を売買する必要があるからです。

(関連項目:インデックスファンドパッシブ運用)

ら行の目次へ戻る

  • 当サイトは大和証券投資信託委託株式会社が情報提供を目的として作成したものです。特定ファンドのご購入にあたっては、販売会社よりお渡しする「投資信託説明書(交付目論見書)」の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
  • 投資信託は値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替リスクもあります)に投資しますので、基準価額は大きく変動します。したがって、投資元本が保証されているものではありません。信託財産に生じた利益および損失はすべて投資者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。
  • 投資信託は預金や保険契約とは異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。証券会社以外でご購入いただいた投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 当サイトは信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。運用実績などの記載内容は過去の実績であり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。また、税金、手数料等を考慮しておりませんので、投資者の皆さまの実質的な投資成果を示すものではありません。記載内容は資料作成時点のものであり、予告なく変更されることがあります。
  • 分配金額は収益分配方針に基づいて委託会社が決定します。あらかじめ一定の額の分配をお約束するものではありません。分配金が支払われない場合もあります。

このページの先頭へ