債券

国、地方公共団体、金融機関、事業会社(※)などが資金調達の手段として発行する有価証券のことです。融資という形で銀行等を通して資金を調達するのではなく、市場を通して投資家から借り入れます。
投資家に元本を償還(返済)する時期、利払いの方法等が事前に定められています。投資家は元本の償還時期まで保有することも、途中で売却することも可能です。
償還時には額面どおり戻ってきますが、売買はその時々の時価で行なわれますから、途中売却の場合は額面(元本)の保証はありません。

※有価証券を発行する国や事業会社などを「発行体」といいます。

「個人向け国債」等個人を対象とした債券もありますが、多くの場合大きな運用資金を持つ法人投資家向けに大きな額面(1億円単位等)で発行、売買されています。またこれらの債券は一般的に、金融商品取引所を通じてではなく証券会社と投資家の間で売買されています。
価格は一般的に額面100円として表示されますが、価格表示がなく、利回りのみ表示されることもあります。

リスクとリターン

一般的に、償還期間(借入期間)が短いものよりも長いものほど投資家に支払う利率が高くなる(資金調達の条件が厳しくなる)傾向があります。また、債券を発行する団体、企業の信用力が高い場合よりも低い方が、利率が高くなる傾向があります。
つまり投資家からみた場合、以下のよう傾向があります。

  • リスク(利払いや元本返済の確実性、予想される価格変動の大きさなど)が小さい程、期待収益率は低い傾向がある。
  • 受け入れなければならないリスクが大きい程、期待収益率は高くなる傾向がある。
【金利リスク】

一般的に、市中の金利水準が上昇すると債券の価格(時価)は下落し、金利水準が下がると価格は上昇する傾向があります。

【信用リスク】

発行体の財務内容が悪化すると、利払いが遅れたり、元本の一部または全部の返済がなされないこともあります。そのため一般的に、信用力の変化によって債券の価格も上下する傾向があります。

利率と利回り

額面に対して年いくらの率を払うという約束で発行される債券を利付債といいます。そして額面に対して支払われる率を「利率」といい、一般的に年率で表示されます。わが国では年2回の利払いが多くなっていますが、海外では年4回のものも見られます。

しかし、債券から得られる収入は利子だけではありません。購入価額と売却または償還価額の差がプラスであれば利益となります。そのため、債券投資による収益をあらわすのに「利回り」が使われます。

【固定/変動利付債】

利率が償還まで変更されないものを固定利付債、あらかじめ定められた条件で利率が変化するものを変動利付債といいます。

【割引債】

利率が0%であるかわりに、額面未満(100円に対して95円など)で発行される債券です。

※情報提供を目的として大和証券投資信託委託株式会社が作成したものです。
※各種の信頼できる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性が保証されているものではありません。

  • 当サイトは大和証券投資信託委託株式会社が情報提供を目的として作成したものです。特定ファンドのご購入にあたっては、販売会社よりお渡しする「投資信託説明書(交付目論見書)」の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
  • 投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は大きく変動します。したがって、投資元本が保証されているものではありません。信託財産に生じた利益および損失はすべて投資者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。
  • 投資信託は預金や保険契約とは異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。証券会社以外でご購入いただいた投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 当サイトは信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。運用実績などの記載内容は過去の実績であり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。また、税金、手数料等を考慮しておりませんので、投資者の皆さまの実質的な投資成果を示すものではありません。記載内容は資料作成時点のものであり、予告なく変更されることがあります。
  • 分配金額は収益分配方針に基づいて委託会社が決定します。あらかじめ一定の額の分配をお約束するものではありません。分配金が支払われない場合もあります。