パッシブ運用

あらかじめ決められた投資対象や方針に則って運用する手法で、銘柄や資産クラスの積極的な入替や、組入比率の変更は行ないません。
パッシブ運用の中でも、株価指数などをベンチマーク(基準)としてこれに非常に近い動きをすることを目標としたファンドを、インデックスファンドといいます。

業績の変化や割安かどうかといった視点で銘柄や業種変更などをあまりしないため、組み入れポートフォリオは玉石混合です。しかしそれだけ運用にかかるコストが抑えられることから、アクティブ運用を行なうファンドに比べ、信託報酬が低いものも多くみられます。

パッシブ運用とアクティブ運用の主な違い

 

パッシブ運用

アクティブ運用

運用の費用
と手間

メリット

デメリット

あまりかからない

分析に必要

スタート後の
銘柄選択

デメリット

メリット

原則不可
業績等に関わらず保有

入替可
より良いものを選ぶ

※情報提供を目的として大和証券投資信託委託株式会社が作成したものです。
※各種の信頼できる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性が保証されているものではありません。

  • 当サイトは大和証券投資信託委託株式会社が情報提供を目的として作成したものです。特定ファンドのご購入にあたっては、販売会社よりお渡しする「投資信託説明書(交付目論見書)」の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
  • 投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は大きく変動します。したがって、投資元本が保証されているものではありません。信託財産に生じた利益および損失はすべて投資者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。
  • 投資信託は預金や保険契約とは異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。証券会社以外でご購入いただいた投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 当サイトは信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。運用実績などの記載内容は過去の実績であり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。また、税金、手数料等を考慮しておりませんので、投資者の皆さまの実質的な投資成果を示すものではありません。記載内容は資料作成時点のものであり、予告なく変更されることがあります。
  • 分配金額は収益分配方針に基づいて委託会社が決定します。あらかじめ一定の額の分配をお約束するものではありません。分配金が支払われない場合もあります。