押し目買い

一般に、相場が下がることを「押す」といい、上昇傾向にある相場(株価)が一時的に下がることを「押し目」といいます。この一休みのタイミング、下げた時期を狙って買うことを「押し目買い」といいます。

相場が上昇傾向になったとしても、一本調子で上昇し続けることはあまりありません。
ほとんどの場合、ある程度価格が上昇すると、利益が出た人の売却(利食い売り)などにより、一時的に価格が下がる場面がでてきます。相場が上昇基調であれば押し目、押し目で買うことによって購入コストを抑えることができ、値上がり益を得る可能性が高まります。

押し目買いの留意点

押し目買いをするかどうかを決断する際には、その時点が上昇基調にある中での一休みなのか、下降の始まりなのかを見極めることが必要ですが、その判断は容易ではありません。
押し目買いをしたつもりが、かならずしもそうならないことがあることに注意が必要です。

※情報提供を目的として大和アセットマネジメント株式会社が作成したものです。
※各種の信頼できる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性が保証されているものではありません。

  • 当サイトは大和アセットマネジメント株式会社が情報提供を目的として作成したものです。特定ファンドのご購入にあたっては、販売会社よりお渡しする「投資信託説明書(交付目論見書)」の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
  • 投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は大きく変動します。したがって、投資元本が保証されているものではありません。信託財産に生じた利益および損失はすべて投資者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。
  • 投資信託は預金や保険契約とは異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。証券会社以外でご購入いただいた投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 当サイトは信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。運用実績などの記載内容は過去の実績であり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。また、税金、手数料等を考慮しておりませんので、投資者の皆さまの実質的な投資成果を示すものではありません。記載内容は資料作成時点のものであり、予告なく変更されることがあります。
  • 分配金額は収益分配方針に基づいて委託会社が決定します。あらかじめ一定の額の分配をお約束するものではありません。分配金が支払われない場合もあります。