ダイワ・US-REIT・オープン
追加型投信/ 海外/不動産投信(リート)

【基礎から学ぶ】
USリートとは?

世界のリート市場を牽引

世界の主なリート市場の時価総額は167.6兆円。その中でも、米国リート市場は時価総額が109.8兆円と、世界の主なリートの中で最も大きな市場となっています。

S&PグローバルREIT指数の国別構成比(時価総額)

S&PグローバルREIT指数構成国の時価総額ランキング

  • ※2021年3月末時点。
  • ※上記の国・地域のリート市場の時価総額、銘柄数はS&PグローバルREIT指数によるものです。このため、国・地域によっては全上場銘柄を集計した数値と異なる場合があります。
  • ※四捨五入の関係で比率の合計が100%にならない場合があります。
  • ※時価総額は、2021年3月末時点の為替レートを用いて円換算。

成長を続ける大国、米国

米国は、中長期的に人口増加が期待される数少ない先進国で、生産年齢人口も今後増加する見込みです。不動産の賃料収入や売却益を原資とするリートにとって、中長期的な人口の増加は、今後の成長要因になりえます。

主要国の人工の推移

米国の生産年齢人工の比較(2015年、2050年)


代表的な米国リート

米国の主要リートと、保有物件例をご紹介します。米国リートには、オフィスから商業施設、ヘルスケアから物流倉庫など、様々なリートがあります。

セクター:住宅

サンフランシスコのベイブリッジそばのリンカーンヒルに位置し、42階建て447戸を有する集合住宅。スカイラウンジ、展望デッキ、プール、フィットネスセンター、ペットケアセンターなどを完備。

(出所)UDR、コーヘン&スティアーズ

セクター:商業施設

ニューヨークから約1時間の所に位置する、米国で最も収益性の高いアウトレット・モール。
バーバリー、グッチを含む約250店舗が入居しており、世界中から観光客が訪れている。

(出所)
サイモン・プロパティー・グループ、コーヘン&スティアーズ
セクター:ヘルスケア

マンハッタンの高齢者人口の増加に伴い、開発中の物件。全16階建て、延べ床面積約12,000m2、151戸の介護付きおよび高齢認知症者用の住居を有する。2020年後半~2021年前半に入居者を迎え入れる予定。

【画像】ニューヨーク州マンハッタン
(出所)ウェルタワー、コーヘン&スティアーズ

セクター:産業施設

約55,000平米の延べ床面積を有する、米国初の複数階層の物流施設。消費者や小売店舗に商品が届く前の最終点となる物流拠点であり、シアトルのダウンタウンから約15分の所に位置する。

【画像】ワシントン州シアトル
(出所)プロロジス、コーヘン&スティアーズ

  • セクター分類は、FTSE®とNAREIT®の分類を使用。
  • 上記は、米国リートの代表的な銘柄であり、個別リートの推奨を目的とするものではありません。また、ファンドに組入れることを示唆・保証するものではありません。

米国のユニークなリート

世界のリート市場の中心である米国リート。その中でも「これもリートなの?」と思うユニークなリートをご紹介します。下記の他にも、農場や文書・データの保管施設などを保有・運営するなど、珍しいタイプのリートが多く含まれます。

刑務所リート

刑務所を保有・運営するリート。州などの自治体に貸し出すビジネスモデル。運営費用の増大を背景とした、刑務所運営の民営化をきっかけに、刑務所リートが誕生。

広告版リート

バス本体やベンチ、空港にある大小さまざまな広告スペース、高速道路沿いの広告看板の賃貸に特化したリート。

娯楽施設リート

映画館、カジノやゴルフ場などを保有・運営するリート。

米国のユニークなリート

世界のリート市場の中心である米国リート。その中でも「これもリートなの?」と思うユニークなリートをご紹介します。
下記の他にも、農場や文書・データの保管施設などを保有・運営するなど、珍しいタイプのリートが多く含まれます。

刑務所リート

刑務所を保有・運営するリート。州などの自治体に貸し出すビジネスモデル。運営費用の増大を背景とした、刑務所運営の民営化をきっかけに、刑務所リートが誕生。

広告版リート

バス本体やベンチ、空港にある大小さまざまな広告スペース、高速道路沿いの広告看板の賃貸に特化したリート。

娯楽施設リート

映画館、カジノやゴルフ場などを保有・運営するリート。

【改めて知りたい】
リートの魅力

少額から
不動産投資

不動産に投資する場合、通常数千万円の投資資金が必要とされています。しかし、リートを活用することで、低コスト(銘柄にもよるが、10万程度)で投資をすることができます。

複数の不動産に
分散投資

リートの多くは、1つの不動産で構成されているのではなく、複数の不動産によって構成されています。そのため、リートに投資することで、複数の不動産に直接投資するのと似た効果を得ることができます。

不動産のプロが運用
物件を管理

不動産の良し悪しを見分けるのは簡単でありません。リートは皆さんの代わりに、不動産のプロが運用、物件を管理します。リートを活用するで、適切な不動産への投資を、簡単に行うことができます。

  • ※上記は、仕組みを分かりやすく説明するために示した一般的な内容およびイメージ図であり、必ずしも上記のようになるとは限りません

今後どうなる?
USリートの将来性

新陳代謝がコロナで加速
伝統的リートから新しいリートへ

米国リート市場全体が大きく成長する過程で、新しいタイプのリートも誕生しています。伝統的な商業施設リートの割合が縮小する一方で、データセンターやインフラストラクチャーといった新しいタイプのリートが存在感を増しています。また、eコマース拡大による需要増加を背景に、産業施設の割合も大きくなっています。

米国リートのセクター別構成(時価総額)

  • ※米国リートはFTSE NAREIT®オール・エクイティREIT・インデックス(米ドルベース)を使用。
  • ※時価総額は、それぞれ2004年12月末時点、2021年3月末時点の為替レートを用いて円換算。
    上記は同指数のデータを使用しており、他の指数とは異なる場合があります。
  • ※上記は同指数のセクター分類に基づきます。
  • ※四捨五入の関係で比率の合計が100%にならない場合があります。
  • (出所)NAREIT®、ブルームバーグ

実例

eコマースを裏から支える
ニュータイプのリート

2020年のコロナウイルス蔓延による行動制限によって、改めて注目されているeコマース。実はその裏側では数多くのリートが、必要不可欠なインフラとして、役割を果しています。eコマースのバリューチェーンを基に解説すると、利用者の注文はリートが保有する通信鉄塔、データセンター、そして物流倉庫を経由して順次処理され、最終的に利用者の下に商品が届けられます。

※写真はイメージです。

USリートのラインナップ

お申込みの際は「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。

ファンド(投資信託)のリスクについて

投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は大きく変動します。したがって、投資元本が保証されているものではありません。信託財産に生じた利益および損失はすべて投資者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。投資信託が投資する有価証券等によりリスクの要因は異なりますので、お申込みにあたっては、投資信託の「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。

お客さまにご負担いただく費用

投資信託のご購入時や運用期間中には以下の費用がかかります。費用の種類や料率等は販売会社や個々の投資信託によって異なります。下記費用の料率は大和アセットマネジメントが運用する一般的な投資信託の料率を表示しております。ファンド・オブ・ファンズでは、ファンドが投資対象とする投資信託の運用管理費用等を別途ご負担いただきます。また投資信託によっては、運用実績に応じた報酬や換金手数料をご負担いただく場合があります。
(2019年10月現在)

直接的にご負担いただく費用

購入時手数料

・料率
0~3.3%(税込)
・費用の内容
購入時の商品説明または商品情報の提供、投資情報の提供、取引執行等の対価です。
・ご負担いただく費用金額のイメージ(金額は上記の料率の上限で計算しています)
基準価額10,000円の時に100万口を購入される場合、最大33,000円をご負担いただきます。

信託財産留保額

・料率
0~0.5%
・費用の内容
換金に伴い必要となる費用等を賄うため、換金代金から控除され、信託財産に繰入れられます。
・ご負担いただく費用金額のイメージ(金額は上記の料率の上限で計算しています)
基準価額10,000円の時に100万口を換金される場合、最大5,000円をご負担いただきます。

信託財産で間接的にご負担いただく費用

運用管理費用(信託報酬)

・料率
年率0~1.98%(税込)
・費用の内容
投資信託の運用・管理費用として、販売会社、委託会社、受託会社の三者が、信託財産の中から受け取る報酬です。
・ご負担いただく費用金額のイメージ(金額は上記の料率の上限で計算しています)
基準価額10,000円の時に100万口を保有される場合、最大1日あたり約55円をご負担いただきます。

その他の費用・手数料

監査報酬、有価証券売買時の売買委託手数料、先物取引・オプション取引等に要する費用、資産を外国で保管する場合の費用等を信託財産でご負担いただきます。(その他の費用・手数料については、運用状況等により変動するため、事前に料率、上限額等を示すことができません)

※手数料等の合計額については保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。
※投資信託により異なりますので、くわしくは販売会社にお問合わせください。また、詳細につきましては「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。

R&Iファンド大賞について

「R&Iファンド大賞」は、R&Iが信頼し得ると判断した過去のデータに基づく参考情報(ただし、その正確性及び完全性につきR&Iが保証するものではありません)の提供を目的としており、特定商品の購入、売却、保有を推奨、又は将来のパフォーマンスを保証するものではありません。当大賞は、信用格付業ではなく、金融商品取引業等に関する内閣府令第299条第1項第28号に規定されるその他業務(信用格付業以外の業務であり、かつ、関連業務以外の業務)です。当該業務に関しては、信用格付行為に不当な影響を及ぼさないための措置が法令上要請されています。当大賞に関する著作権等の知的財産権その他一切の権利はR&Iに帰属しており、無断複製・転載等を禁じます。