iFree レバレッジ NASDAQ 100 オーナーシップ電卓

iFreeレバレッジNASDAQ100を通じて、NASDAQ100構成企業のオーナーシップ(所有権)を
実質的にいくら保有しているのと同等かざっくりイメージできる計算ツールです。

iFreeレバレッジ NASDAQ100に
いくら投資する?

{{numValue}} 万円
{{errorText}}

{{calcNumValue}}万円あたりのオーナーシップ保有額

  • GAFAM {{calcTotal('group-1')}}万円
  • ハイテク・
    半導体
    {{calcTotal('group-2')}}万円
  • IT・
    ソフトウェア
    {{calcTotal('group-3')}}万円
  • EC・
    巣ごもり
    {{calcTotal('group-4')}}万円
  • 医薬・
    ヘルスケア
    {{calcTotal('group-5')}}万円
  • 消費拡大 {{calcTotal('group-6')}}万円
  • その他 {{calcTotal('group-7')}}万円

GAFAM

{{item.name}} ¥{{calcPrice(item.weight)}}

ハイテク・半導体

{{item.name}} ¥{{calcPrice(item.weight)}}

IT・
ソフトウェア

{{item.name}} ¥{{calcPrice(item.weight)}}

EC・巣ごもり

{{item.name}} ¥{{calcPrice(item.weight)}}

医薬・
ヘルスケア

{{item.name}} ¥{{calcPrice(item.weight)}}

消費
拡大

{{item.name}} ¥{{calcPrice(item.weight)}}

その他

{{item.name}} ¥{{calcPrice(item.weight)}}

※留意事項

  • 各保有額はNASDAQのデータをもとに大和アセットが指数構成ウエートから計算した概算値です。データは2021年8月末時点です。
  • 四捨五入の関係上、保有金額の合計が投資金額のぴったり2倍にならない場合があります。
  • 上記はあくまでも参考のために掲載したものであり、個別企業の推奨を目的とするものではありません。また、ファンドに組入れることを示唆・保証するものではありません。

オーナーシップ電卓をシェアする

ファンド(投資信託)のリスクについて

ファンドは、値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。したがって、投資元本が保証されているものではなく、これを割込むことがあります。
信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。

基準価額の主な変動要因については次のとおりです。「株価指数先物取引の利用に伴うリスク」、「価格変動リスク・信用リスク(株価の変動、債券の価格変動)」、「為替変動リスク」、「カントリー・リスク」、「その他(解約申込みに伴うリスク等)」

  • ファンド保有期間が2日以上の場合の投資成果は、通常「2倍程度」になるわけではありません。
  • NASDAQ100指数が上昇・下落を繰返した場合には、当ファンドの基準価額は時間の経過とともに押下げられることとなります。
  • 基準価額の変動要因は、上記に限定されるものではありません。
  • くわしくは「投資信託説明書(交付目論見書)」の「投資リスク」をご覧ください。

お客さまにご負担いただく費用

iFreeレバレッジ NASDAQ100の購入時や運用期間中には以下の費用がかかります。(2021年8月現在)
詳細につきましては、「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。

直接的にご負担いただく費用

  • 購入時手数料
    販売会社が別に定める率<上限>2.2%(税込)
  • 信託財産留保額
    ありません。

保有期間中に間接的にご負担いただく費用

  • 運用管理費用(信託報酬)
    運用管理費用の総額は、日々の信託財産の純資産総額に対して年率0.99%(税込)
  • その他の費用・手数料
    監査報酬、有価証券売買時の売買委託手数料、先物取引・オプション取引等に要する費用、資産を外国で保管する場合の費用等を信託財産でご負担いただきます。
    • 「その他の費用・手数料」については、運用状況等により変動するため、事前に料率、上限額等を示すことができません。
  • 購入時手数料について、くわしくは販売会社にお問合わせください。
  • 手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。また、上場投資信託証券は市場価格により取引されており、費用を表示することができません。

指数について

《iFreeレバレッジ NASDAQ100》

当ファンドは、Nasdaq, Inc. またはその関連会社(以下、Nasdaq, Inc. およびその関連会社「株式会社」と総称します。)によって、支援、推奨、販売または販売促進されるものではありません。株式会社は、ファンドの合法性もしくは適合性について、または当ファンドに関する記述および開示の正確性もしくは妥当性について認定するものではありません。株式会社は、当ファンドの保有者または公衆一般のいかなる者に対しても、一般的な証券投資または特に当ファンドへの投資についての妥当性や、NASDAQ-100 Indexの一般的な株式市況への追随可能性について、明示的か黙示的かを問わず、何らの表明もしくは保証も行ないません。株式会社と大和アセットマネジメント株式会社との関係は、Nasdaq®およびNASDAQ-100 Indexの登録商標ならびに株式会社の一定の商号について使用を許諾すること、ならびに、大和アセットマネジメント株式会社または当ファンドとは無関係に、ナスダックが決定、構築および算出を行なうNASDAQ-100 Indexの使用を許諾することに限られます。ナスダックは、NASDAQ-100 Indexの決定、構築および計算に関し、大和アセットマネジメント株式会社または当ファンドの保有者の要望を考慮する義務を負いません。株式会社は、当ファンドの発行に関してその時期、価格もしくはその数量の決定について、または当ファンドを換金する際の算式の決定もしくは計算についての責任を負っておらず、また関与をしていません。株式会社は、NASDAQ-100 Indexとそれに含まれるデータの正確性および中断されない算出を保証しません。株式会社は、NASDAQ-100 Indexまたはそれに含まれるデータの利用により、大和アセットマネジメント株式会社、当ファンドの保有者またはその他いかなる者もしくは組織に生じた結果についても、明示的か黙示的かを問わず、何らの保証も行ないません。株式会社は、明示的か黙示的かを問わず、何らの保証も行なわず、かつNASDAQ-100 Index®またはそれに含まれるデータの利用に関する、特定の目的または利用のための市場商品性または適合性については、いかなる保証についても明示的に否認します。上記に限らず、いかなる場合においても、株式会社は、いかなる逸失利益または特別、付随的、懲罰的、間接的もしくは派生的損害や損失について、たとえもし当該損害等の可能性につき通知されていたとしても、何らの責任も負いません。