分配方針

投資信託では、決算時に収益をどのように受益者(ファンドの保有者)へ還元するか、「方針」があらかじめ定められています。その方針を分配方針といい、この方針にもとづいて、決算期毎に分配可能な原資が計算され、収益分配が実行されます。分配対象額を超えて分配は行えません。
分配方針は投資信託説明書(交付目論見書)に掲載されています。

収益分配をしない?

長期投資を前提とした運用の場合、決算期毎に積極的に収益分配を行なうことは、かならずしも受益者の利益に結びつかない、という考え方もあります。確定拠出年金向けのファンド等では極力分配しないとするファンドも珍しくありません。
また、インデックス・ファンドでは、株価指数等と基準価額の変動率のズレを抑えるため、組入れ株式の値上がり分を分配対象額(分配可能な原資)とせず、配当金相当額のみを分配に充当しようとするファンドが、多く見られます。

継続的な分配

投資環境や運用状況によって投資信託の資産は増減しますので、決算期毎に分配可能な原資も変化します。しかし、なんとか工夫して収益分配できない状況は避けるられように努力します、という方針です。
運用努力はもちろんですが、分配対象の項目を広くとり分配原資を確保しやすくする、一気に吐き出さずに留保する、等の工夫をします。

安定分配

隔月や毎月決算を行なう投資信託において、毎回の分配金額の増減をできるだけ小さくしようと努力することです。
毎期分配可能な対象額は異なりますが、繰越金を使ったり逆に留保したりしてばらつきを極力抑えよう=安定分配しようとする方針です。

※情報提供を目的として大和証券投資信託委託株式会社が作成したものです。
※各種の信頼できる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性が保証されているものではありません。

  • 当サイトは大和証券投資信託委託株式会社が情報提供を目的として作成したものです。特定ファンドのご購入にあたっては、販売会社よりお渡しする「投資信託説明書(交付目論見書)」の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
  • 投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は大きく変動します。したがって、投資元本が保証されているものではありません。信託財産に生じた利益および損失はすべて投資者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。
  • 投資信託は預金や保険契約とは異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。証券会社以外でご購入いただいた投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 当サイトは信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。運用実績などの記載内容は過去の実績であり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。また、税金、手数料等を考慮しておりませんので、投資者の皆さまの実質的な投資成果を示すものではありません。記載内容は資料作成時点のものであり、予告なく変更されることがあります。
  • 分配金額は収益分配方針に基づいて委託会社が決定します。あらかじめ一定の額の分配をお約束するものではありません。分配金が支払われない場合もあります。