東京五輪後もJ-REITは期待できる?

  • マーケットレター
  • 2019年03月
~過去の開催国では住宅価格上昇〜

東京五輪後もJ-REITは期待できる?

2020年の東京五輪開催が決定したことで、建設需要の増加や不動産価格の上昇、経済全体が好調であることなどを背景に、不動産市場の活況が続いています。⼀⽅で、東京五輪が終了すると、それまでの反動から不動産市場が悪化することを懸念する声もあります。

過去の開催国では住宅価格が上昇基調を維持

過去に五輪が開催されたオーストラリアと英国の住宅価格をみると、五輪開催後も下落せずに上昇基調を維持していることがわかります(下グラフ参照)。
五輪開催が『起爆剤』となり、開催国の外国⼈観光客の増加が⻑期間にわたって継続したことなどを背景に、好景気が続いたことが考えられます。
五輪後も経済全体が好調を維持することが出来れば、不動産価格を押し上げる要因となり、J-REIT各社が保有する物件の価値も高まることが期待されます。

オーストラリア:住宅価格指数
英国:住宅価格指数

以上

当資料のお取扱いにおけるご注意
  • 当資料は、ファンドの状況や関連する情報等をお知らせするために大和投資信託により作成されたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • 当資料は、各種の信頼できると考えられる情報源から作成していますが、その正確性・完全性が保証されているものではありません。
  • 当資料の中で記載されている内容、数値、図表、意見等は当資料作成時点のものであり、将来の成果を示唆・保証するものではなく、また今後予告なく変更されることがあります。また、記載する指数・統計資料等の知的所有権、その他の一切の権利はその発行者および許諾者に帰属します。
  • 当資料中における運用実績等は、過去の実績および結果を示したものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。
  • 当資料の中で個別企業名が記載されている場合、それらはあくまでも参考のために掲載したものであり、各企業の推奨を目的とするものではありません。また、ファンドに今後組み入れることを、示唆・保証するものではありません。