規模とスタイルで見た国内株式市場動向

  • マーケットレター
  • 2020年05月
景気回復を想定するなら小型バリュー株に優位性
ポイント
  • 足元の急落局面では大型グロース株が下げ渋り
  • 規模別の強弱は景気に連動
  • スタイル別の強弱は商品市況に連動
  • 景気回復を想定するならば、今後は小型バリュー株有利の可能性

足元の急落局面では大型グロース株が下げ渋り

新型コロナウイルスの感染拡大により、世界の株式市場は2020年2月から3月にかけて急落しました。国内株式市場もその影響を免れることはできず、日経平均株価でみれば、24,000円近辺から16,000円台半ばまで、1カ月強で約3割下落しました。
国内株式市場をもう少し詳しくみると、規模(大型株と小型株)やスタイル(グロース株=成長株とバリュー株=割安株)で、急落局面での下落度合いや、その後の反発局面での上昇度合いに差があることが分かります。具体的には、急落局面では大型グロース株が相対的に下げ渋った一方、その後の反発局面では小型グロース株の上昇が目立ちます。
(注)ここでは、MSCI日本株指数(配当込み)のスタンダード指数を大型株、スモール指数を小型株としており、グロース株、バリュー株は、それぞれの指数のグロース指数、バリュー指数を用いています。

規模別・スタイル別でみた株式市場の動向 (2019年1月初から2020年5月22日)
(出所)リフィニティブより大和アセット作成

長期的には小型バリュー株の有利な期間が長かった

長期的に規模やスタイルについてみると、どのようなことがいえるでしょうか。そこで、大型グロース株、大型バリュー株、小型グロース株、小型バリュー株の4つの指数を市場全体の指数で割ることで、それぞれの指数の市場全体に対する相対的な強弱を見てみます。
1990年代後半は、相対的に大型株有利・小型株不利で、スタイルによる差よりは、規模による差が目立ちました。しかし、2000年代に入り2009年頃までは、相対的にバリュー株有利・グロース株不利の動きが続き、規模による差よりは、スタイルによる差が目立ちました。その後2017年頃までは、小型株有利・大型株不利でしたが、大型株の不利は大型バリュー株の不利によるもので、大型グロース株は市場全体並みの推移でした。そして足元にかけては、グロース株有利・バリュー株不利の動きとなり、規模による差よりは、スタイルによる差が目立ちました。この期間を通してみた場合は、小型バリュー株が有利な期間が長かったといえます。

規模別・スタイル別の市場全体に対する相対株価(1995年1月から2020年5月、直近は5月22日時点)
(出所)リフィニティブより大和アセット作成

規模別の強弱は景気に連動

規模別・スタイル別の今後の有利・不利を考えるにあたり、まず規模に焦点を当てます。そこで、小型グロース株÷大型グロース株と、小型バリュー株÷大型バリュー株を見てみます。いずれも相対的に小型株が強ければグラフは上へ、相対的に大型株が強ければグラフは下へ動きます。
この2つを比べると、ほぼ同じような動きをしています。つまり、グロース株の中での大型株・小型株の強弱と、バリュー株の中での大型株・小型株の強弱は、おおむね同じように推移しているということになります。そして注目されるのは、2つの小型株÷大型株の推移と、上下を反転させた企業倒産件数の推移が似ている点です。企業倒産件数は、景気が良ければ減少し、景気が悪ければ増加します。つまり、景気が良い(企業倒産件数が減少している)時は小型株有利、景気が悪い(企業倒産件数が増加している)時は大型株有利の傾向があるといえそうです。

小型株÷大型株の推移と企業倒産件数(1995年1月から2020年5月、直近は5月22日時点)※企業倒産件数は2020年4月まで
(出所)リフィニティブより大和アセット作成

景気が良い時に小型株有利、景気が悪い時に大型株有利の理由

景気が良い時に小型株が有利で、景気が悪い時に大型株が有利である理由は、次のように考えることができます。大型株と小型株を比較すると、一般的には、大型株の方が財務面で安定しており、また事業分野も複数にわたっているケースが多いため、相対的にみれば大型株の方が事業面で景気変動の影響を受けづらく、業績面への影響も小さくなりやすいといえます。当然、小型株はその逆ということになります。結果として、景気の良い時は業績の改善度合いが大きくなりやすい小型株有利、景気の悪い時は業績の安定度が比較的高い大型株有利の傾向になっていると考えられます。

スタイル別の強弱は商品市況に連動

次にスタイルに焦点を当てます。そこで、大型バリュー株÷大型グロース株と、小型バリュー株÷小型グロース株を見てみます。いずれも相対的にバリュー株が強ければグラフは上へ、相対的にグロース株が強ければグラフは下へ動きます。
この2つを比べると、ほぼ同じような動きをしています。つまり、大型株の中でのグロース株・バリュー株の強弱と、小型株の中でのグロース株・バリュー株の強弱は、おおむね同じように推移しているということになります。そして注目されるのは、2つのバリュー株÷グロース株の推移と、商品指数の推移が似ている点です。

バリュー株÷グロース株の推移と商品指数(1995年1月から2020年5月、直近は5月22日時点)(出所)
リフィニティブより大和アセット作成

商品市況上昇時にバリュー株有利、下落時にグロース株有利の理由

商品市況が上昇している時にバリュー株が有利で、商品市況が下落している時にグロース株が有利である理由は、次のように考えることができます。商品市況が上昇している時は、実物資産の価値が上昇している時といえます。そのような状況では、すでに実物資産を保有している企業が、今後取得を計画している企業よりも有利です。つまり、将来的な成長性よりも、現在保有する資産価値が高く評価される結果、商品市況が上昇している時は、バリュー株有利・グロース株不利になり、商品市況が下落している時は逆に、グロース株有利・バリュー株不利になりやすいと考えられます。

景気回復を想定するならば、今後は小型バリュー株有利の可能性

それでは、今後の景気や商品市況については、どのように考えればよいでしょうか。景気は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するための行動制限により急ブレーキが掛かっていましたが、感染拡大のピークアウトとともに、行動制限が緩和され始めており、経済活動は徐々に回復していくと見込まれます。各国政府・中央銀行は、出来ることは何でもやるといった姿勢で、大規模な財政・金融政策を矢継ぎ早に打ち出しており、それらが今後の景気回復をサポートすると期待されます。もちろん、行動制限の緩和により感染が再拡大するリスクは残るため、経済の回復も短期的には行きつ戻りつする局面があると思われますが、それでも回復の方向性は維持されると考えます。また中期的には、治療薬やワクチンが開発されることで、新型コロナウイルスが経済活動の制約要因になる状況は解消していくと予想されます。

商品市況に関しても、今後は回復基調に向かう可能性が高いと思われます。商品市況は需要と供給の関係で変動しますが、足元の市況急落は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するための行動制限により需要が急減し、需給バランスが大きく崩れてしまったためとみられます。つまり、需要が戻れば市況も回復に向かうと想定されますが、需要の動向は上記の景気の動向とほぼ同じと考えられることから、今後は行動制限の緩和により、商品市況も回復に向かうと見込まれます。一時的とはいえ、原油価格がマイナスとなるような事態は行き過ぎだったといえるでしょう。アフター・コロナという言葉が急に一般化したことを勘案すれば、様々な商品の需要が単純に以前の状態に戻るわけではないと思われますが、全体的には需要回復により商品市況も戻り歩調をたどると考えられます。

以上のように、今後は景気の回復とそれに伴う商品市況の回復が想定されるとすると、これまでの傾向を参考にする限り、中長期的には大型株と小型株では小型株有利、グロース株とバリュー株ではバリュー株有利の展開が想定されます。目先の株式市場は、新型コロナウイルスの動向に加え、米中の対立などもあり、引き続き不透明感の強い状況が続くとみられますが、こういう時こそ中長期的な視点で落ち着いて市場と向き合うことが重要と思われます。

当資料のお取扱いにおけるご注意
  • 当資料は、ファンドの状況や関連する情報等をお知らせするために大和アセットマネジメントにより作成されたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • 当資料は、各種の信頼できると考えられる情報源から作成していますが、その正確性・完全性が保証されているものではありません。
  • 当資料の中で記載されている内容、数値、図表、意見等は当資料作成時点のものであり、将来の成果を示唆・保証するものではなく、また今後予告なく変更されることがあります。また、記載する指数・統計資料等の知的所有権、その他の一切の権利はその発行者および許諾者に帰属します。
  • 当資料中における運用実績等は、過去の実績および結果を示したものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。
  • 当資料の中で個別企業名が記載されている場合、それらはあくまでも参考のために掲載したものであり、各企業の推奨を目的とするものではありません。また、ファンドに今後組み入れることを、示唆・保証するものではありません。