原油価格急落について

  • マーケットレター
  • 2020年04月
WTI原油先物価格が初めてマイナス圏に

原油価格上昇のためには経済活動の再開が待たれる

4月20日のWTI原油先物価格(5月物、1バレル当たり)は先週末比50米ドルを超える大幅下落となり、-37.63米ドルで取引を終了しました。WTI原油先物がマイナス圏で取引されたのは史上初です。商品先物は通常、実物の受け渡しで最終的に決済されますが、新型コロナウイルスの感染抑制措置が原油需要を著しく減退させたことで原油貯蔵施設に余裕がなくなりつつあり、実物の引き取りを嫌った市場参加者が投げ売りに走ったとみられています。特に、5月物は翌21日に取引最終日を迎えるため、売買が少なかったことも価格の変動を大きくした要因だと考えられます。しかし、期近の原油先物がマイナスの価格で取引されたことによる実体経済への影響はほとんどなさそうです。すでに取引の中心になっている6月物は、先週末比4.60米ドル下落の20.43米ドルで取引を終えています。

OPECプラス(石油輸出国機構加盟国とロシアなどの非加盟国)による日量970万バレルの協調減産は5月に始まります。それでも、新型コロナウイルス問題で失われた需要は世界全体で日量2,000~3,000万バレルと言われており、世界的に供給超過の状態が続くと見込まれます。さらに、米国は協調減産に参加しておらず、減産はシェール企業の自然淘汰による緩やかなものになると想定され、米国内における原油の需給バランスは特に緩んだ状態が継続しそうです。トランプ大統領はSPR(戦略石油備蓄)の積み増しや、サウジアラビアからの原油輸入停止などを検討している模様ですが、需要が戻らない限り、持続的に原油価格を押し上げるのは困難だと考えられます。経済活動が再開し原油需要が回復するまで、原油価格は低位での推移が継続し、特に期近物の価格は値動きの荒い展開が想定されます。ただし、先述のように期近物の価格は実体経済への影響が軽微であるため、日々の値動きに惑わされないことが重要だと考えています。新型コロナウイルス問題が終息した後の原油価格の居所を見通すため、また同問題がいつ終息すると市場が織り込んでいるかを確認するため、より期先物の値動きに注目しています。

WTI原油先物価格のグラフ (2020年1月初から2020年4月20日)
(出所)ブルームバーグ
米国の産油量と原油掘削リグ稼働数のグラフ(実績は2014年1月第1週から2020年4月第3週)(見通しは2020年5月から2021年12月)
(出所)EIA、Baker Hughes
当資料のお取扱いにおけるご注意
  • 当資料は、ファンドの状況や関連する情報等をお知らせするために大和アセットマネジメントにより作成されたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • 当資料は、各種の信頼できると考えられる情報源から作成していますが、その正確性・完全性が保証されているものではありません。
  • 当資料の中で記載されている内容、数値、図表、意見等は当資料作成時点のものであり、将来の成果を示唆・保証するものではなく、また今後予告なく変更されることがあります。また、記載する指数・統計資料等の知的所有権、その他の一切の権利はその発行者および許諾者に帰属します。
  • 当資料中における運用実績等は、過去の実績および結果を示したものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。
  • 当資料の中で個別企業名が記載されている場合、それらはあくまでも参考のために掲載したものであり、各企業の推奨を目的とするものではありません。また、ファンドに今後組み入れることを、示唆・保証するものではありません。