⽶国バンクローンの⾜元の市場環境と今後の⾒通し

  • マーケットレター
  • 2020年03月

本レポートでは、⽶国バンクローンの⾜元の市場環境および今後の⾒通しについてご説明いたします。

⾜元の市場環境

新型コロナウイルスの感染拡⼤を受けて⼤幅に下落

  • 新型コロナウイルスの感染拡⼤への懸念の⾼まりを受けて、投資家のリスク回避姿勢が急速に強まったことから、2⽉後半以降、⽶国バンクローンおよび⽶国ハイ・イールド債市場は⼤きく下落しました。
  • アジア圏のみならず、欧⽶でも急速に感染が拡⼤している現在の状況を受けて、引き続き予断を許さない状態が続いています。⼀⽅で、⽶国政府による⼤規模な経済対策の発表や、FRB(⽶国連邦準備制度理事会)をはじめ、世界各国の中央銀⾏が⽮継ぎ早に⾦融緩和策を実施したことから投資家⼼理が改善し、市場は3⽉23⽇を底に、⾜元ではいったん落ち着きを取り戻しています(3⽉23⽇から27⽇の騰落率は、バンクローンで+5.8%、ハイ・イールド債で+7.3%となっています)。
⽶国バンクローン市場の推移のグラフ トータルリターン、⽶ドルベース 2007年3月から2020年3月 
(出所)ブルームバーグ、J.P.モルガン・アセット・マネジメント

企業破綻時の弁済順位と元本回収率

過去平均で⾼い回収率

  • 以下の図の通り、バンクローンの弁済順位はハイ・イールド債よりも上位に位置しています。そのため、仮に企業が倒産するような事態になったとしても、優先的に資⾦が戻ってくることから、投資元本に対する回収率は⾼めに推移しています。
  • バンクローンの元本回収率は、過去約20年間の平均で7割となっており、ハイ・イールド債と⽐較して保全性の⾼い資産クラスということができます。
  • ⾜元での市場の⼤幅な調整により、バンクローンの価格は元本100⽶ドルに対して、おおむね80⽶ドル程度となっています。これは、上記の回収率7割をもとに考えれば、世の中の企業の半分が倒産に追い込まれるような極端にストレスのかかったシナリオを織り込んだ⽔準と⾒受けられます。投資家⼼理が急激に悪化したことで、市場は⼀時的に冷静さを失っているものとみています。
ハイ・イールド債との⽐較の図と表 一般的な負債・資本構成の例 デフォルト後の元本回収率のグラフ 2020年から2019年
(出所)ムーディーズ、J.P.モルガン・アセット・マネジメント

今後の⾒通し

慎重な⾒⽅を継続する⼀⽅、中⻑期的にみると魅⼒的な投資機会

  • 新型コロナウイルスの影響により、2020年内の業績⾒通しを引き下げた発⾏体は多くあり、旅⾏会社やレンタカー事業のほか、サプライチェーンにも影響が及んでいます。また、消費者の動向が極端に変化することで、どのセクターにも⼀時的には影響が波及する可能性は⼤きいと考えています。その程度や期間に関しては、新型コロナウイルスのまん延度合い次第であると考えています。
  • このような環境下では流動性の⾼い銘柄が先⾏して売られる傾向にあり、レバレッジの低い⾼格付け銘柄も割安な⽔準で取引されています。当⾯の間、ボラティリティの⾼⽌まりが継続する可能性はありますが、中⻑期的にみると魅⼒的な投資機会が増えており、個別クレジット分析がより重要となる環境だと考えています。
  • 運⽤⾯に関しては、引き続きダウン・サイドの抑制を意識したポートフォリオ構築が⼤切になってくると考えています。セクター配分に関しては、ディフェンシブ・セクターである公共事業セクターやヘルスケアセクターを強気にみている⼀⽅、エネルギーセクターは弱気にみています。格付けに関しては、相対的に⾼い格付けの銘柄を選好しながら、リスク対⽐のリターンの最⼤化を追求していきます。
⽶国バンクローンの利回り推移 2007年3月から2020年3月
(出所)ブルームバーグ、J.P.モルガン・アセット・マネジメント

【ご参考】バンクローンの概要

バンクローンの仕組み

  • バンクローンは、銀⾏などの⾦融機関が、主に格付けが投資適格未満の事業会社等に対して⾏う貸付債権であり、⼀般に馴染みのある住宅ローンとおおむね似た構造をしています。
  • 銀⾏から売却されたバンクローンは、流通市場で取引されることで、さまざまな投資家により保有されることになります。投資信託などを通じてバンクローンに投資することは、投資家が「銀⾏」の⽴場になり“貸し⼿”のメリットを享受することを意味します。
  • 欧⽶では、バンクローンは「レバレッジド・ローン」と呼ばれることもあります。その由来は、多くのLBO(レバレッジド・バイアウト、買収対象の企業の資産やキャッシュフローなどを担保に資⾦調達をして⾏う企業買収を指す)の資⾦調達⼿段として使われたことにあるとされており、とりわけ信⽤⼒の低い企業が借⼊により資⾦調達をするという意味で「レバレッジド・ローン」と呼ばれています。
バンクローンのイメージ
(出所)J.P.モルガン・アセット・マネジメント

※以上のコメントは、J.P.モルガン・アセット・マネジメントのコメントを基に⼤和投資信託が作成したものです。

当資料のお取扱いにおけるご注意
  • 当資料は、ファンドの状況や関連する情報等をお知らせするために大和アセットマネジメントにより作成されたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • 当資料は、各種の信頼できると考えられる情報源から作成していますが、その正確性・完全性が保証されているものではありません。
  • 当資料の中で記載されている内容、数値、図表、意見等は当資料作成時点のものであり、将来の成果を示唆・保証するものではなく、また今後予告なく変更されることがあります。また、記載する指数・統計資料等の知的所有権、その他の一切の権利はその発行者および許諾者に帰属します。
  • 当資料中における運用実績等は、過去の実績および結果を示したものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。
  • 当資料の中で個別企業名が記載されている場合、それらはあくまでも参考のために掲載したものであり、各企業の推奨を目的とするものではありません。また、ファンドに今後組み入れることを、示唆・保証するものではありません。