続報・インドの政治情勢について

  • マーケットレター
  • 2018年05月
~モディ首相率いるインド人民党がカルナータカ州議会選挙で第一党へ躍進~

インド人民党が獲得議席数で事前予想を上回り第一党へ躍進

5月15日(現地、以下同様)に開票が行われたカルナータカ州の州議会選挙において、インド人民党(以下、BJP)は90議席前後と報じていた多くの事前予想を上回る104議席を獲得し、州議会で第一党となりました。一方、国民会議派は78議席と大幅に議席数を減らし、第二党となりました。地域政党のジャナタ・ダル(世俗派)(以下、JD(S))も議席数を37議席に減らし、第三党となりました。

選挙は5月12日の日曜日に投票が実施され、有権者数は約4,960万人、投票率は約72%と過去最高を記録しました。州議会の議席数は224ですが、2議席は別日程へ延期となり222議席をめぐって選挙が行われました。

モディ首相への信認の高さを確認

今回の選挙結果は、現時点でのモディ首相への信認の高さのあらわれと考えています。モディ首相は主に選挙戦後半になってカルナータカ州を訪れ、精力的に支持者の前で選挙応援演説等を行いましたが、これらの行動が結果として事前予想を上回る議席獲得に貢献した可能性があると思われます。

インドは来年5月までにモディ首相の再選をかけた下院総選挙が行われる予定ですが、当社はBJPが第一党となりモディ首相が再任される可能性が高いとみています。州議会選挙の結果自体が下院総選挙へ直接反映されるわけではありませんが、引き続き今後の州議会選挙の結果を注視していきます。

以上

当資料のお取扱いにおけるご注意
  • 当資料は、ファンドの状況や関連する情報等をお知らせするために大和アセットマネジメントにより作成されたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • 当資料は、各種の信頼できると考えられる情報源から作成していますが、その正確性・完全性が保証されているものではありません。
  • 当資料の中で記載されている内容、数値、図表、意見等は当資料作成時点のものであり、将来の成果を示唆・保証するものではなく、また今後予告なく変更されることがあります。また、記載する指数・統計資料等の知的所有権、その他の一切の権利はその発行者および許諾者に帰属します。
  • 当資料中における運用実績等は、過去の実績および結果を示したものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。
  • 当資料の中で個別企業名が記載されている場合、それらはあくまでも参考のために掲載したものであり、各企業の推奨を目的とするものではありません。また、ファンドに今後組み入れることを、示唆・保証するものではありません。