オーストラリア金融政策

  • マーケットレター
  • 2017年10月
~政策金利の据え置きを継続~

RBAは政策金利を1.5%に据え置き

2017年10月3日(現地)、RBA(オーストラリア準備銀行)は政策金利を発表し、1.5%に据え置きました。据え置きは事前の市場予想通りでした。

声明文では、4-6月期の実質GDP(国内総生産)成長率が前期比+0.8%となったことなど、最近発表されたデータはRBAの予想通りとし、オーストラリア経済が来年に向けて緩やかに回復していくとの見解が示されました。その背景として、RBAは非資源部門で投資が上向きつつある兆しがみえることなどを指摘しています。

金融政策に関しては、RBAは引き続き中立的な姿勢を維持しており、当面の政策金利の据え置きを示唆しました。

景気回復の進展に伴い、政策金利の引き上げが徐々に意識されていくか

雇用環境の改善が続いているオーストラリアでは、今後の賃金上昇を通じた物価上昇に期待がもてそうです。景気回復の進展に伴い賃金上昇率の高まりが少しずつ確認されていけば、物価上昇への期待の高まりと共に、政策金利の引き上げが意識されていくものとみています。

為替相場については、堅調な中国経済が豪ドル相場の押し上げに寄与しているとみられます。ただし、通貨高が急ピッチで進んだ場合には、ファンダメンタルズ面へのマイナスの影響を考慮し、RBAは通貨高をけん制する姿勢を示すと考えられるため、豪ドル相場は短期的には一進一退の推移になるとみています。

以上

当資料のお取扱いにおけるご注意
  • 当資料は、ファンドの状況や関連する情報等をお知らせするために大和アセットマネジメントにより作成されたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • 当資料は、各種の信頼できると考えられる情報源から作成していますが、その正確性・完全性が保証されているものではありません。
  • 当資料の中で記載されている内容、数値、図表、意見等は当資料作成時点のものであり、将来の成果を示唆・保証するものではなく、また今後予告なく変更されることがあります。また、記載する指数・統計資料等の知的所有権、その他の一切の権利はその発行者および許諾者に帰属します。
  • 当資料中における運用実績等は、過去の実績および結果を示したものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。
  • 当資料の中で個別企業名が記載されている場合、それらはあくまでも参考のために掲載したものであり、各企業の推奨を目的とするものではありません。また、ファンドに今後組み入れることを、示唆・保証するものではありません。