高成長を確認したインド

  • マーケットレター
  • 2017年03月
~モディ首相のリーダーシップ下で、着実に進む構造改革と成長戦略~

高額紙幣の切り換えによる混乱は少なく、高成長を確認したインド経済

2月28日(現地)、インド統計局は2016年10-12月期の実質経済成長率が前年同期比7.0%に達したことを発表しました。2016年11月にモディ首相が高額紙幣(500ルピーと1,000ルピー※)の廃止を発表し、市中に流通していた高額紙幣を金融機関で新紙幣へ切り換える手続きが行われてきました。この切り換え手続きによる経済活動の混乱が懸念され、同期の成長率は同6%程度にとどまると見込まれていました。

しかし今回のGDP(国内総生産)統計を見る限り、インド経済は紙幣切り換えの悪影響はなかったばかりか、予想以上の経済成長を記録しています。統計の信頼性に疑義を唱える見方がある一方で、これまで把握が困難だった地下経済の一部が金融機関を介した決済を活用しはじめたとみられ、その結果、経済活動の捕捉範囲が拡大したことによる効果も大きいと考えています。

※1ルピーは約1.7円(2017年2月28日時点)。

進めやすくなったモディ首相の経済政策

モディ首相は就任以降、GST(物品・サービス税)の導入などの構造改革と外資導入などの成長戦略を進めてきました。高額紙幣の切り換えもその一環でした。しかし切り換えの発表タイミングが唐突だった上に、期限を2016年の年末までと短期に設定したため、景気に悪影響を及ぼしかねないと野党の不評を買いました。しかし疑念はあるものの、今回の統計でインド経済が高成長を続けていることが明らかになり、モディ首相の経済政策運営は進めやすくなったと思われます。

州議会選挙は経済政策にさらに弾みをつけるきっかけになることが期待される

インドでは2月から5つの地方州で州議会選挙が始まりました。2019年の国政選挙までにはまだ時間がありますが、今回の州議会選挙がその前哨戦とみる向きもあります。またインドの州議会選挙は、結果に応じて国会上院議席数を各政党に割り当てる間接選挙の役割も果たしています。モディ首相の基盤政党のBJP(インド人民党)を中心としたNDA(国民民主同盟)は下院では過半数議席を掌握していますが、上院では少数のため、重要法案が進みづらくなっています。今回の選挙でもねじれが解消する可能性は低いですが、NDAが上院での勢力を拡大させるとみており、経済政策を実現するための基盤が強固になると考えています。

高成長が期待できるインドは中長期的に有望な投資先

インド準備銀行が2月の金融政策決定会合で政策スタンスを従前の緩和から中立へ変更したため金融緩和は見込まれないものの、モディ首相の強いリーダーシップの下、景気と構造改革に配慮した経済政策が期待されるインドは今後も高成長が期待できる新興国として、株式、債券とも中長期的に有望な投資先とみています。

以上

当資料に関連するレポート等のご紹介

当資料のお取扱いにおけるご注意
  • 当資料は、ファンドの状況や関連する情報等をお知らせするために大和アセットマネジメントにより作成されたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • 当資料は、各種の信頼できると考えられる情報源から作成していますが、その正確性・完全性が保証されているものではありません。
  • 当資料の中で記載されている内容、数値、図表、意見等は当資料作成時点のものであり、将来の成果を示唆・保証するものではなく、また今後予告なく変更されることがあります。また、記載する指数・統計資料等の知的所有権、その他の一切の権利はその発行者および許諾者に帰属します。
  • 当資料中における運用実績等は、過去の実績および結果を示したものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。
  • 当資料の中で個別企業名が記載されている場合、それらはあくまでも参考のために掲載したものであり、各企業の推奨を目的とするものではありません。また、ファンドに今後組み入れることを、示唆・保証するものではありません。