ムーディーズによるトルコの格下げについて

  • マーケットレター
  • 2016年09月

クーデター未遂事件を受けて、トルコの国債格付けを引き下げ

9月23日(現地、以下同様)、格付会社のムーディーズ・インベスターズ・サービス(以下、ムーディーズ)は、トルコの長期国債格付けを自国通貨建てと外貨建てでともに「Baa3」から「Ba1」にそれぞれ1ノッチ引き下げました。見通しは「安定的」としています。

格下げの理由として、海外からの資金調達の必要性や景気鈍化に伴う信用力の悪化などに関連するリスクを挙げています。ムーディーズは7月末のクーデター未遂事件後にトルコの格付けを見直すことを発表していましたが、定期見直しが行われた8月は、審議を継続するとして同国の格付けを据え置いていました。実際に結果が発表されるのは、同社が期限としていた10月中旬になるとみられていたこともあり、発表時期としてはややサプライズとなりました。今回の格下げを受けて、3大格付会社(フィッチ・レーティングス、ムーディーズ、スタンダード・アンド・プアーズ)の中でトルコに投資適格を付与しているのはフィッチ・レーティングスのみとなりました。

今回の格下げが発表されたのは23日のトルコ金融市場が終わった後だったということもあり、市場の反応はありませんでした。トルコ・リラについては、週が明けた26日に対円と対米ドルでともに下落してスタートしています。

今後の見通しについて

ムーディーズは、格下げを決定しながらも、見通しを安定的とした理由として、規模が大きく柔軟なトルコ経済や財政の健全性を挙げています。トルコでは、クーデター未遂事件を受けて非常事態宣言が発令されており、政府はクーデター首謀者とするギュレン師と関連する組織・勢力に対する取り締まりを強化しているほか、米国に対してギュレン師の引き渡しを要求しています。一方で、非常事態宣言により権限を拡大したエルドアン大統領は引き続き、国民からの支持をより強固にするため、さらなる景気刺激を志向するとみられ、トルコの経済成長を後押しすると考えられます。また外部要因としては、世界経済の力強さに欠ける成長は続くものの、多くの先進国で金融緩和が続くことや米国が緩やかなペースでの利上げを志向していることなどがトルコを含む新興国をサポートすると考えます。

トルコの金融市場は、憲法改正など政治動向をめぐる思惑に加え、欧米などの金融政策動向や、資源価格の動きなど外部要因の影響を受ける可能性があります。しかし、相対的に高い金利水準であることや内需を中心とした経済成長が期待できる点から、トルコは引き続き魅力的な投資対象だと考えています。

以上

当資料のお取扱いにおけるご注意
  • 当資料は、ファンドの状況や関連する情報等をお知らせするために大和アセットマネジメントにより作成されたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • 当資料は、各種の信頼できると考えられる情報源から作成していますが、その正確性・完全性が保証されているものではありません。
  • 当資料の中で記載されている内容、数値、図表、意見等は当資料作成時点のものであり、将来の成果を示唆・保証するものではなく、また今後予告なく変更されることがあります。また、記載する指数・統計資料等の知的所有権、その他の一切の権利はその発行者および許諾者に帰属します。
  • 当資料中における運用実績等は、過去の実績および結果を示したものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。
  • 当資料の中で個別企業名が記載されている場合、それらはあくまでも参考のために掲載したものであり、各企業の推奨を目的とするものではありません。また、ファンドに今後組み入れることを、示唆・保証するものではありません。