カナダの労働市場は好調を持続

  • Market Eyes
  • No.259

雇用者数の拡大基調が続く

カナダの雇用者数は拡大基調が続いている。【図表1】
さらに、足元では前年同月比の増加幅が拡大している。特に、フルタイム雇用者数の増加が大きく寄与しており、雇用の質も良い。

図表1 カナダの雇用者変化のグラフ パートタイム雇用者数変化とフルタイム雇用者数変化 前年同月比 2006年1月から2019年2月

労働力人口は力強い伸び

雇用者数が順調に拡大している背景として、人口増加を主因とした労働力人口の力強い伸びがあげられる。【図表2】

図表2 カナダの労働力人口のグラフ 2006年1月から2019年2月

カナダの労働力人口は2019年1月に初めて大台の2,000万人を超え、その増加ペースも足元で加速している。今後も安定的な人口増加が想定される中、労働力人口も拡大傾向の継続が期待される。

失業率は低位で推移

労働力人口が高い伸びを示す下でも、それを受け入れるだけの求人があり、失業率は低位での推移が続いている。まさに、労働市場の好調さを物語っているといえよう。【図表3】

図表3 カナダの失業率と平均時給のグラフ 2006年1月から2019年2月

賃金については、図表の通り統計データとして出てくるものは変動が激しいため、やや割り引いて考えなければいけない。ただ、慣らしてみれば前年同月比で+2%前後の伸びが継続しているといえよう。

個人消費の拡大につながるか

昨年の後半は個人消費が減速する場面があった。しかし、昨年後半から年初にかけては、むしろ労働市場は好調さに拍車がかかっているようにもみえる。雇用者数の増加と賃金上昇が合わさり、国民の総所得が拡大していることに鑑みれば、今後は、個人消費も勢いを取り戻していくことが期待できよう。

当資料のお取扱いにおけるご注意
  • 当資料は投資判断の参考となる情報提供を目的として大和アセットマネジメント株式会社が作成したものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資信託のお申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする「投資信託説明書(交付目論見書)」の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
  • 当資料は信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。運用実績などの記載内容は過去の実績であり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。記載内容は資料作成時点のものであり、予告なく変更されることがあります。また、記載する指数・統計資料等の知的所有権、その他の一切の権利はその発行者および許諾者に帰属します。