実質金利から考える金価格の上昇・下落余地

  • Market Eyes
  • No.319

金価格は1,800米ドル台を回復

6月30日にCOMEX金先物価格は、2011年9月以来となる1,800米ドル/トロイオンスを超えて取引を終えた。そこで今回は、金価格と実質金利の関係から金価格の上昇余地・下落余地を考察する。

米実質金利との関係性

米国の実質金利が低下すれば金価格が上昇しやすいという関係性がある。【図表1】ここで、実質金利とは10年国債利回りから10年先期待インフレ率を引いた値とする。そして、足元の金価格の上昇は、10年国債利回りが横ばいの一方で原油価格の上昇に連れた10年先期待インフレ率の高まりにより、実質金利のマイナス幅が拡大したことが寄与していると言える。【図表2】

図表1 金価格と米国の実質金利 (2006年1月初から2020年6月30日)
(出所)ブルームバーグより大和アセットマネジメント作成
図表2 米国の長期金利・期待インフレ率、原油価格 (2019年1月初~2020年6月30日)
(出所)ブルームバーグ

2006年以降のデータを基に、金価格を被説明変数、実質金利を説明変数として回帰分析すると、決定係数は0.83となり、10年国債利回りを説明変数とした場合の0.69などに比べて説明力が高い。また、実質金利が1%低下すると金価格は約324米ドル上昇するという関係性を得る。 【図表3】

図表3 金価格(縦軸)と米国の実質金利(横軸)の関係 (期間:2006年1月初~2020年6月30日)
(出所)ブルームバーグより大和アセットマネジメント作成

現在の金価格が実質金利に対して妥当な水準であり、今後も実質金利に対する金価格の感応度が維持されると仮定した場合、10年国債利回りが1%まで上昇し、10年先期待インフレ率も2%まで上昇すれば、金価格は1,900米ドルまで上昇する計算になる。やや極端だが、10年国債利回りが横ばいのまま10年先期待インフレ率が2%まで上昇すれば、金価格は2,010米ドルまで上昇する計算になる。逆に、10年国債利回りが1.5%まで上昇し、10年先期待インフレ率が横ばいであれば、金価格は1,530米ドルまで下落する計算になる。

当分析における注意点

米国の実質金利と金価格の連動性が高いことは事実だが、実質金利だけで金価格の変動を完全に説明できる訳ではない。実質金利以外にも需給要因などが金価格に影響を及ぼす可能性がある点には注意する必要がある。

(調査部投資戦略課岩手幸久)

当資料のお取扱いにおけるご注意
  • 当資料は投資判断の参考となる情報提供を目的として大和アセットマネジメント株式会社が作成したものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資信託のお申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする「投資信託説明書(交付目論見書)」の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
  • 当資料は信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。運用実績などの記載内容は過去の実績であり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。記載内容は資料作成時点のものであり、予告なく変更されることがあります。また、記載する指数・統計資料等の知的所有権、その他の一切の権利はその発行者および許諾者に帰属します。