つみたてワニーサ今週のつぶやき

語りたくなる! はじめたくなる?

 

トリビア① 非課税期間「20年」には、なんとなくじゃない理由があった

つみたてNISAは、年間40万円までのつみたて投資によって得た利益に対して、20年間は非課税になるという制度です。なぜ、期間が20年に設定されているのかご存じですか?

その大きな理由の1つが、投資信託は長く持っていると価格の振れ幅(リスク)が小さくなる傾向がある、ということ。過去のデータの分析から、保有期間が5年より20年の方が、投資収益率が大幅にプラスになったことも分かっています。比較グラフがあるので、下記の記事で詳しく見てみましょう。

<詳しくはこちら>
なんでつみたてNISAの期間は20年と長いの?

もちろん、20年の長期にわたる資産運用においては、景気が下がるときもあります。リーマンショックやコロナショックのように、株価が大幅に下落することもあるでしょう。そんなときも、長期保有の視点を持っていれば、一喜一憂しないですむかもしれません。

下記の記事では、米国の代表的な株価指数「S&P500」を例に、1957年〜1999年までの各年から、20年間のつみたて投資をスタートした場合の投資収益率を分析しています。是非、チェックしてみてください。

<詳しくはこちら>
基準価額の上下に一喜一憂せず、どっしりと構えてつみたて投資をしよう!

ちなみに、つみたてNISAの非課税期間は20年ですが、20年後に必ず売らなければならない、というわけではありません。20年後もそのまま持ち続けたとしても、非課税期間20年の間に得た利益には税金がかかりません。詳しくは下記の記事をチェックしてみましょう。

<詳しくはこちら>
つみたてNISAで買った商品は、非課税期間の20年以内に売却しないといけない?

 

つみたてワニーサ

つみたてNISA の非課税期間が20年の長期なのは、安定した運用につなげるための工夫なんだね!

トリビア② 「つみたて」は手軽なだけでなく、リスクを減らす効果も期待できる

NISAには、つみたてNISAと一般NISAの2種類あることをご存じですか? 2014年に一般NISAが登場し、その後2018年につみたてNISAがスタートしました。非課税になる投資の上限額や期間が違うほか、つみたてNISAの商品は長期・積立・分散投資に適した商品に限定されていることも大きな特徴です。

つみたてNISAと一般NISAは同時に利用できないので、違いを知りたい人は下記の記事をチェックしてみましょう。

<詳しくはこちら>
NISAとつみたてNISA、自分に向いているのはどっち?

つみたてNISAの大きな特徴「つみたて投資」とは、あらかじめ決めた金額を定期的に投資する方法です。つみたてNISAでは、定期的に自動で買いつけてくれるので、タイミングに悩む必要もなく手間をかけずにコツコツと投資できます。忙しい人や投資初心者にも向いている方法です。

購入するタイミングを分散できるので、安いときに買い損ねたり、高いときにだけ買ってしまったりするリスクを軽減する効果があります。また、一括投資とつみたて投資を比較すると、つみたて投資の方が平均購入価格を抑える効果が期待できます。下記の図解で、詳しく見てみましょう。

<詳しくはこちら>
つみたて投資なら、タイミングを悩まずに投資できる!

ちなみに、リスクを軽減するための分散投資には、つみたて投資による購入タイミングを分ける「時間の分散」のほかにも、「投資対象の分散」や「地域の分散」があります。つみたてNISAを活用してリスクと上手に付き合うため、分散投資の効果についてもチェックしてみましょう。

<詳しくはこちら>
分散投資でリスクと上手に付き合おう!

 

つみたてワニーサ

つみたて投資でリスクを減らす効果が期待できる、つみたてNISA。少額からつみたて投資ができる点も、投資初心者に選ばれている理由だね!

トリビア③ いま分配金を受け取らないのは、未来のための戦略だった

つみたてNISAの対象商品は、数ある投資信託のなかでも、長期の積立投資に適した投資信託に限られています。その選定基準の1つが「分配金を受け取る頻度が毎月でない商品」ということ。

分配金とは、商品の運用によって得られた利益のなかから、その商品に投資をした人に還元されるお金のことです。つみたてNISAには、この分配金を受け取らずに再び投資にまわすことで、利益が増幅していく効果「複利効果」が期待できます。イメージ図を交えた下記の解説を見てみましょう。

<詳しくはこちら>
つみたてNISAの対象に毎月分配型がないのはなぜだろう?

この「複利効果」は、投資期間が長くなればなるほど、大きくなる傾向があります。今、目の前の分配金を受け取るのではなく投資資金にまわすことで、複利効果を最大限活用することが期待できるというわけです。

下記の記事で、「複利効果」を利用した場合とそうでない場合で、どれくらい違いが出てくるかをチェックしてみましょう。

<詳しくはこちら>
つみたて投資は何歳から始めたら良いのかな?始めるタイミングはいつだろう。

つみたてNISAの商品は、分配金を頻繁に受け取らない商品に限られているので、あとは自分の投資スタイルに合った商品を選べばOK。とはいえ、はじめて投資をする人は、どの商品を選べばいいか迷ってしまうことも。そんなときは、下記の記事で商品の選び方を見てみましょう!

<詳しくはこちら>
つみたてNISAの商品選びで迷ったときは?

 

つみたてワニーサ

つみたてNISAでは「分配金を受け取る頻度が毎月でない商品」が対象商品となっているから、「複利効果」を最大限活用することが期待できるんだね!

つみたてNISAのことを知っていくうちに、「投資のイメージが変わった!」という人もいるのでは? もう少し詳しく知りたいという人は、「つみたてワニーサ 今週のつぶやき」や金融庁のWebサイトをチェックしてみてね!

 

※つみたてNISAとは
2018年1月からスタートした、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

金融庁 NISA

金融庁 つみたてワニーサ

つみたてワニーサ ツイッター @Wa_nisa_FSA

この記事の連載を読む

つみたてワニーサ今週のつぶやき

インベスタイムズ編集部

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。