つみたてワニーサ今週のつぶやき

つみたてNISAの商品選びで迷ったときは?

つみたてワニーサ

こんにちワニーサ!僕はつみたてワニーサ。つみたてNISAのキャラクターだよ。君は誰?

リーナ

こんにちは、私はリーナ。iFreeタッチのバーチャル・コンシェルジュです。資産形成の一歩を踏み出すお手伝いをしているわ。

 

リーナが詳しく解説します。つみたてNISAの商品選びのポイントについて

以前公開した「結局、投資信託はどう選べばいいんだろう」において、商品を選ぶときは、自分の投資スタイルを決めて、そのスタイルに合った投資信託を見つけることが大切だと紹介しました。

「リスクを取っても積極的にリターンを獲得したい」というスタイルの人には、主に株式に投資する投資信託が、「リターンは獲得したいがなるべくリスクを抑えたい」というスタイルの人には、債券を含む複数の資産を運用するようなバランス型の投資信託が向いています。今回は、それぞれをもう少し深掘りしてみましょう♪

●リスクを取っても積極的にリターンを獲得したい

株式に投資する投資信託にもさまざまな種類がありますが、投資先の国などによって大きく、日本株式、米国株式、先進国株式、新興国株式、全世界株式に分かれます。

一概には言えませんが、一般的に日本株式や先進国株式などに比べて、新興国株式は値動きが大きくなる傾向があります。つみたてNISAの対象商品の多くを占めるインデックスファンドの場合は、指数に連動する運用を目指しているので、自分の投資したい国や地域の指数を知っておくと商品を絞り込みやすくなりますよ♪

●リターンは獲得したいがなるべくリスクを抑えたい

バランス型の投資信託にもさまざまなタイプがあります。

一般的に、債券の比率が高いほどリスクを抑えられ、株式や不動産(リート)の比率が高いほど、リスクが高くなる傾向があります。リスクをできるだけ抑えたい人は、債券の比率が高めの商品を選ぶとよいでしょう。

自分の投資スタイルを決めたら、商品性の違いを理解して、自分にあった投資先を探していきましょう。

つみたてNISAは、複数の商品を選んで組み合わせる、途中から購入する商品を変更する、といったこともできます。まずは最初の一歩を踏み出すことが大切ですよ♪

「バランスファンドにもいろんな種類があるって知ってますか?」もチェック!

※つみたてNISAとは
2018年1月からスタートした、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

金融庁 NISA

金融庁 つみたてワニーサ

つみたてワニーサ ツイッター @Wa_nisa_FSA

iFreeタッチ公式サイト

この記事の連載を読む

つみたてワニーサ今週のつぶやき

インベスタイムズ編集部

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。