つみたてワニーサ今週のつぶやき

つみたてNISAの対象商品は193本。選ぶ際のポイントは?

つみたてワニーサ

こんにちワニーサ!僕はつみたてワニーサ。つみたてNISAのキャラクターだよ。君は誰?

リーナ

こんにちは、私はリーナ。iFreeタッチのバーチャル・コンシェルジュです。資産形成の一歩を踏み出すお手伝いをしているわ。

 

リーナが詳しく解説します。つみたてNISAの商品を選ぶポイントについて

つみたてNISAで初めて投資をするとき、「どうやって商品を選んでいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。口座を開設したものの、商品選びの壁にぶつかったという声も耳にします。

つみたてNISAの対象となる商品は、長期の積立投資に適した投資信託193本(2020年12月23日時点)だけです。その対象商品を以下のように分類して投資先を把握することで、さらに商品を選びやすくなりますよ♪

対象商品は、①どこに投資しているか、②何に投資しているかによって絞り込むことができます。たとえば、「海外の株式に投資したい」といった場合は、「①:海外」の「②:株式」に分散して投資できる45本のなかから選びます。さらにそこから、インデックス型やアクティブ型など、タイプによってさらに絞り込むこともできますよ。

投資信託のタイプについては、「今さら聞けない? インデックス型とアクティブ型って何?」をチェック!

国内外(全世界)の株式や債券など、さまざまな資産に分散投資したい場合は、「①:国内外」の「②:資産複合型(バランスファンド)」である81本から選べます。

バランスファンドについては、「バランスファンドにもいろんな種類があるって知ってますか?」をチェック

こうやって投資先を整理して絞り込んでいけば、自分が求めている商品を選びやすくなります。ぜひ、つみたてNISAを始めるときの参考にしてみてください♪

※つみたてNISAとは
2018年1月からスタートした、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

金融庁 NISA

金融庁 つみたてワニーサ

つみたてワニーサ ツイッター @Wa_nisa_FSA

iFreeタッチ公式サイト

この記事の連載を読む

つみたてワニーサ今週のつぶやき

インベスタイムズ編集部

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。