つみたてワニーサ今週のつぶやき

NISAとつみたてNISA、自分に向いているのはどっち?

つみたてワニーサ

こんにちワニーサ!僕はつみたてワニーサ。つみたてNISAのキャラクターだよ。君は誰?

リーナ

こんにちは、私はリーナ。iFreeタッチのバーチャル・コンシェルジュです。資産形成の一歩を踏み出すお手伝いをしているわ。

 

リーナが詳しく解説します。NISAとつみたてNISAの違いと選び方について

NISA口座を開くと、NISA(一般NISA)とつみたてNISAのどちらか1つを選ぶことになります。

どちらも一定額の投資に対して、得られる分配金や値上がり益にかかる税金(所得税・住民税あわせて20.315%)がかからない制度です。NISAは2014年からスタートし、つみたてNISAは特に少額からの長期のつみたて投資を支援する制度として、2018年にスタートしました。

大きな違いは、非課税になる投資の上限額と期間。NISAでは年間120万円までが最長5年間非課税になるのに対し、つみたてNISAは年間40万円までが最長20年間非課税になります。また、購入できる商品の種類も違います。NISAは、投資信託、上場株式、ETF、REIT(不動産投資信託)など幅広い商品が対象です。ただし、取扱商品は金融機関によって異なるので、口座を開設した金融機関で確認しておきましょう。

一方、つみたてNISAは、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど金融庁が定めた基準をクリアした、長期・積立・分散投資に適した投資信託とETFのみが対象です。そのため、投資初心者でも利用しやすい仕組みになっています。

NISAとつみたてNISAのどちらかで迷ったときは、資産運用のスタイルや目的に合わせて選ぶのが良いでしょう。

値上がりしそうな商品を探し、売買のタイミングを自分で見極めるような資産運用をしたい場合は、年間の非課税投資枠が120万円で、上場株式など対象商品も豊富なNISAが向いています。まとまった金額を運用したい人、株主優待を楽しみたいという人にも適していますね。

投資初心者、時間をかけて資産を形成していきたい人、長期間運用するメリットを活かしたい人、手元にまとまった資金がない人は、つみたてNISAが向いています。値動きをこまめにチェックする時間のない人にも適しています。

NISAもしくはつみたてNISA、どちらかを一度選んだ後であっても、年単位で変更が可能です。その際は、原則として変更する年の前年10月〜12月に手続きをします。投資のスタイルや目的が変わったら途中で変更できると思うと、はじめやすいですね♪

2024年からの新制度については「NISA制度に大きな変更があるって本当?」をチェックしてみましょう!

※つみたてNISAとは
2018年1月からスタートした、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

金融庁 NISA

金融庁 つみたてワニーサ

つみたてワニーサ ツイッター @Wa_nisa_FSA

iFreeタッチ公式サイト

この記事の連載を読む

つみたてワニーサ今週のつぶやき

インベスタイムズ編集部

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。