つみたてワニーサ今週のつぶやき

つみたてNISAとiDeCo、どう違う? どう使う?

つみたてワニーサ

こんにちワニーサ!僕はつみたてワニーサ。つみたてNISAのキャラクターだよ。君は誰?

リーナ

こんにちは、私はリーナ。iFreeタッチのバーチャル・コンシェルジュです。資産形成の一歩を踏み出すお手伝いをしているわ。

 

リーナが詳しく解説します。つみたてNISAとiDeCoの上手な活用法について

税制優遇のあるつみたて型の資産運用として、セットで語られることも多い、つみたてNISAとiDeCo。最近、老後資金への関心の高まりから、自分で老後のお金をつくるための選択肢としてどちらも注目されていますね。

つみたてNISAは、年40万円を上限として、購入した年から数えて20年間、資産運用で得られる分配金や値上がり益に対する税金(所得税・住民税あわせて20.315%)がかからない制度です。運用年数や年齢に関係なくいつでも売却できるので、つみたてたお金はさまざまな目的に活用することができます。

一方、iDeCoは、自分でつみたてる私的年金の制度です。自営業、会社員などの属性や加入している企業年金によって掛金の上限額は異なりますが、年間の上限は14.4万円〜81.6万円です。その掛金が全額所得控除になるという、大きな節税メリットがあります。さらに、つみたてNISA同様、値上がり益に対する税金(20.315%)もかからず、受け取り時には「公的年金等控除」や「退職所得控除」の対象になります。ただし、つみたてたお金は、原則として60歳になるまで受給できない点に注意が必要です。

※一定の条件によっては、60歳前でも受給できます。詳しくは「iDeCo公式サイト」をご確認ください。

2つの制度の利用を考える際には、目的を明確にしておくのがポイントです。60歳以降の老後資金を準備したいならiDeCoを優先し、余裕があればつみたてNISAも活用。子どもの教育費や住宅購入資金など、これから20年程度で必要なお金を貯めたいならつみたてNISAを優先し、余裕があればiDeCoも活用するといった具合です。ご自身の状況を踏まえ、それぞれのメリットを比較してみましょう。

少し先の未来に使いたいお金と、さらにその先に備えるお金、両方を見すえた計画を立て、つみたてNISAとiDeCoを活用しましょう♪

「いまさら聞けない!? つみたてNISAの税制優遇って?」もチェック

※つみたてNISAとは
2018年1月からスタートした、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

金融庁 NISA

金融庁 つみたてワニーサ

つみたてワニーサ ツイッター @Wa_nisa_FSA

iFreeタッチ公式サイト

この記事の連載を読む

つみたてワニーサ今週のつぶやき

インベスタイムズ編集部

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。