つみたてワニーサ今週のつぶやき

NISA制度に大きな変更があるって本当?

つみたてワニーサ

こんにちワニーサ!僕はつみたてワニーサ。つみたてNISAのキャラクターだよ。君は誰?

リーナ

こんにちは、私はリーナ。iFreeタッチのバーチャル・コンシェルジュです。資産形成の一歩を踏み出すお手伝いをしているわ。

 

リーナが詳しく解説します。

最近、NISA制度が大きく変わったのをご存知でしょうか? 2020年3月に行われた『令和2年度税制改正』に各種NISA制度の刷新が盛り込まれました。この税制改正によって、つみたてNISAはどのように変わったのでしょうか。

つみたてNISAとは、年間40万円を上限に、最長20年間の長期にわたって積立投資をしていく制度になります。つみたてNISAを利用するには、専用の口座を開設する必要があるのですが、その口座開設期間が税制改正によって5年間延長され、2042年までとなりました。つまり、この改正により、2023年(令和5年)までにつみたてNISAを始めることができれば、つみたてNISAを20年間積み立てていくことができます。『20年間の全期間を使えないなら始めなくていいや』と 考えておられた方にとっては吉報ですね。このチャンスを有効活用しましょう!

また今回の税制改正では、つみたてNISA以外の2制度、一般NISAとジュニアNISAにも大きな変更がありました。一般NISAでは、より多くの方々に積立投資・分散投資を利用してもらうことを目的として、2024年からは、投信やETFに積立投資をする一階部分と、個別株等に投資できる二階部分に分かれた新制度となります。一方ジュニアNISAは、残念ながら2023年末(令和5年末)をもって、新規口座開設は中止となります。しかし、既存ジュニアNISAに係る各種条件が緩和され、使いやすい制度として再注目を集めています! 詳しくは金融庁が発表している『令和2年度税制改正について —税制改正大綱における主要項目—』をご覧ください。

これからもつみたてNISAを末永くよろしくお願いいたします!

※つみたてNISAとは
2018年1月からスタートした、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

金融庁 NISA

金融庁 つみたてワニーサ

つみたてワニーサ ツイッター @Wa_nisa_FSA

iFreeタッチ公式サイト

この記事の連載を読む

つみたてワニーサ今週のつぶやき

インベスタイムズ編集部

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。