つみたてワニーサ今週のつぶやき

つみたてNISA口座を開設する金融機関はどう選べばいいんだろう

つみたてワニーサ

こんにちワニーサ!僕はつみたてワニーサ。つみたてNISAのキャラクターだよ。君は誰?

リーナ

こんにちは、私はリーナ。iFreeタッチのバーチャル・コンシェルジュです。資産形成の一歩を踏み出すお手伝いをしているわ。

 

リーナが詳しく解説します。
金融機関の選び方について同じつみたてNISAでも金融機関によって違いがあるんです。

つみたてNISAの口座開設を行う金融機関を選ぶ時の主なポイントをご紹介します♪

まず、投資したい商品の取り扱いがあるかどうかです。
つみたてNISAの対象となる投資信託は2020年4月現在で170本以上ありますが、ひとつの金融機関ですべての投資信託が買えるわけではありません。金融機関によって、取り扱っている投資信託が異なるんです。なので、投資したい商品を取り扱っているかどうかを事前に確認する必要があります。

次に、最低投資金額がいくらなのかを確認しましょう。
最低投資金額も金融機関によって様々で、100円から投資できるところもあれば、最低1,000円からというところもあります。つみたてNISAの非課税投資枠である40万円ギリギリまで投資するのであれば、あまり気にする必要はありませんが、少額でコツコツつみたてたい方にとっては確認しておくべき大事なポイントです。

また、投資についての考え方を分かりやすく説明している金融機関や、ウェブサイトが使いやすい金融機関など、比べてみると色々と違いもあります。さらに、金融機関によっては、口座開設や投資信託の購入にあたって、様々な独自キャンペーンを実施している場合もあります。上に挙げた2つのポイントを満たす金融機関が複数あった場合は、これらの項目を判断材料に検討するのもひとつの方法ですよ。

これらの詳細な内容については、各金融機関のホームページなどでご確認下さい。 自分に合った金融機関で、つみたてNISAを始めましょう♪

※つみたてNISAとは
2018年1月からスタートした、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

金融庁 NISA

金融庁 つみたてワニーサ

つみたてワニーサ ツイッター @Wa_nisa_FSA

iFreeタッチ公式サイト

この記事の連載を読む

つみたてワニーサ今週のつぶやき

インベスタイムズ編集部

ライター

インベスタイムズ編集部

マジメに面白く考えることで投資への理解が深まる、そんなメディアをめざしています。