責任投資について

私たちは、コアビジネスである資産運用業務を通し、持続可能な社会の実現に貢献することは当社の責任であると考えております。
企業の環境、社会、企業統治(ESG)に関する取り組みを総合的に勘案して投資判断を行うために数々の努力を重ね、責任投資(RI)の広範な実践を推進しております。

当社は、日本における責任投資(RI)のリーディングカンパニーとして、責任投資に関連した幅広い商品をお客様にご提供いたします。
当社は、販売会社の皆様、投資家の皆様との対話やウェブサイトを通じて、長期的な資産運用における責任投資の重要性を提唱してまいります。

当社は、2006年5月に、国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)と国連グローバル・コンパクトが発表した責任投資原則(PRI : Principles for Responsible Investment)に署名しました。

当社は、2011年11月に、「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融行動原則)」(*)に署名しました。

(*)「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融行動原則)」とは:
本原則は、持続可能な社会の形成のために必要な役割を果たしたいと考える金融機関の行動指針として策定されました。また本原則は、志を同じくする金融機関が協働する出発点となるように策定されました。署名金融機関は、自らの業務内容を踏まえ、環境・社会・ガバナンスに配慮した取組みの実践に努めます。