つみたてNISAとは?

2018年1月より「つみたてNISA」がスタート。つみたてNISAは、少額からの積立・分散投資を目的とした資産形成を応援するNISAの新制度です。ただし、同一年において現行の「NISA」との併用はできません。
※NISA口座において、現行の「NISA」か「つみたてNISA」かいずれかを年単位で選択することになります。

  • 非課税対象 譲渡益および配当金・分配金
  • 対象年齢 20歳以上
  • 投資上限額・非課税期間 年間40万円 最長20年間 積立投資なら、月々約3.3万円!
  • 対象商品 ・公募株式投資信託 ・ETF(上場投資信託)

※非課税額は、投資残高ではなく、実際に投資した金額(購入時手数料などは除く)で計算します。

▲ページの先頭へ

3つのNISAを比較

NISA つみたてNISA ジュニアNISA
年齢制限 20歳以上 20歳以上 0~19歳
非課税期間 最長5年間 最長20年間 最長5年間
口座開設可能期間 2023年まで 2018年~2037年 2023年まで
運用商品 公募株式投資信託・ETF・
上場株式・上場REITなど
公募株式投資信託・ETF 公募株式投資信託・ETF・
上場株式・上場REITなど
運用商品の変更 売却時に非課税枠
(購入時に使用した非課税枠)
が消滅
売却時に非課税枠
(購入時に使用した非課税枠)
が消滅
売却時に非課税枠
(購入時に使用した非課税枠)
が消滅
お金の引出し いつでも可能 いつでも可能 原則18歳まで不可
投資上限額 年間 120万円 40万円 80万円
累積 5年間で600万円 20年間で800万円 5年間で400万円
運用の管理者 本人 本人 親権者等
口座管理手数料 運用商品や金融機関によっては口座管理手数料がかかる場合があります なし 運用商品や金融機関によっては口座管理手数料がかかる場合があります

(出所)各種資料を基に大和投資信託作成

※投資を開始する年の1月1日が基準となります。
※「つみたてNISA」で運用できる商品は公募株式投資信託、ETF(上場投資信託)のうち長期の積立・分散投資に適した一定の商品に限られます。
※「ジュニアNISA」においては原則18歳まで引出しは行なえません。途中で引出す場合は、ジュニアNISA口座は廃止され、災害など止むを得ない場合を除き、過去の利益に対して課税されます。
※「ジュニアNISA」の口座開設期間終了後は継続管理勘定に資産を移管することで、20歳になるまで非課税での継続保有が可能です。また、20歳以降は「NISA」へ移管が可能です。
※「NISA」および「ジュニアNISA」において5年間の「非課税で保有できる期間」が満了した際、新たな非課税枠に移管する場合、年末時点の時価が移管先の非課税枠(NISA口座は年間120万円、ジュニアNISA口座は年間80万円)を超えていても、全額移管することが可能です。
※取扱う商品は金融機関によって異なります。詳しくは金融機関にお問い合わせください。
当資料作成時点の情報に基づき、NISA制度の概要について説明したものであり、内容については将来の税制改正等により変更となる場合があります。

▲ページの先頭へ

つみたてNISAのイメージ

つみたてNISAのイメージ
拡大してご覧ください。

上記はイメージです。つみたてNISAの情報のすべてを示したものではありません。
*特定口座などに移す場合、その時点の価額が新しい取得価額になります。その後は新しい取得価額に基づいて、損益の計算が行なわれます。

投資元本の総額は、最大800万円(40万円×20年)になるんだね! ▲ページの先頭へ

つみたてNISAのポイント・留意点

制度の非課税対象

制度の非課税対象のイメージ

※上記の分配金には、投資信託の元本払戻金(特別分配金)は含まれません。

拡大してご覧ください。

つみたてNISAは、非課税対象など基本的なしくみはNISAと同じです。
なお、つみたてNISA対象ファンドの要件として、毎月分配型ファンドではないことが定められています。

※つみたてNISAは、一般口座・特定口座への保有商品の移管や損益通算に関して、NISAと同様の規定が適用されます。くわしくは、「 Q&A 」をご覧ください。

つみたてNISAとNISAの選択・金融機関の選択

併用はできませんが、NISAとつみたてNISAは、1年ごとにいずれかを選択することができます。ただし、その年の非課税枠を既に1円でも利用している場合、その年の分については切り替えることはできません。
なお、NISAとつみたてNISAでは1年ごとに金融機関の変更ができます。ただし、その年の非課税枠を既に1円でも利用している場合、その年の分については金融機関を変更することはできません。

NISA つみたてNISA 1年ごとにどちらか選択できます。

定期的な購入

つみたてNISAでは、あらかじめ指定した商品を定期的に継続して購入することが必要です。また、毎月一定額ずつ投資することで、積立投資の効果を得ることができます。

  • 積立投資を学ぶ

    積立投資は無理せず始められる資産形成の便利メソッドのひとつです!

  • iツール

    毎月積立の効果を確認したり、自分に合った投資スタイルを診断することができます。

▲ページの先頭へ

つみたてNISA対象ファンド

当資料作成時点の情報に基づき、NISAの概要について説明したものであり、内容については将来の税制改正等により変更となる場合があります。

●当サイトは大和証券投資信託委託株式会社が情報提供を目的として作成したものです。特定ファンドのご購入にあたっては、販売会社よりお渡しする「投資信託説明書(交付目論見書)」の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
●投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は大きく変動します。したがって、投資元本が保証されているものではありません。信託財産に生じた利益および損失はすべて投資者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。
●投資信託は預金や保険契約とは異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。証券会社以外でご購入いただいた投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
●当サイトは信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。運用実績などの記載内容は過去の実績であり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。また、税金、手数料等を考慮しておりませんので、投資者の皆さまの実質的な投資成果を示すものではありません。記載内容は資料作成時点のものであり、予告なく変更されることがあります。
●分配金額は収益分配方針に基づいて委託会社が決定します。あらかじめ一定の額の分配をお約束するものではありません。分配金が支払われない場合もあります。