大和投資信託 iFree専用サイトはこちら

ブラジル大統領選挙は決選投票へ(2018年10月)


〜ボウソナロ氏とアダジ氏が決選投票に進む〜


2018年10月9日

印刷する場合はこちらをご利用ください。PDF版

<ボウソナロ氏とアダジ氏が決選投票に進む>

10月7日(現地、以下同様)、ブラジル大統領選挙の第1回投票が行われました。その結果、各種報道によると開票をほぼ終えた段階で、右派のボウソナロ氏が約46%の得票率で首位に立ちました。ボウソナロ氏が過半数を獲得できなかったことから、ブラジルの新大統領は10月28日に予定されている決選投票(第2 回投票)で選出されることになりました。決選投票には、ボウソナロ氏と、約29%の得票率で第2位となった左派のアダジ氏が進みます。

ボウソナロ氏とアダジ氏による決選投票となったことは事前の市場予想通りでしたが、経済政策について市場から高い評価を得ているボウソナロ氏の得票数が過半数に迫るほど大きかったことは市場にとってサプライズとなりました。選挙結果を受けた10月8日の金融市場は、株価上昇、金利低下(債券価格上昇)、通貨上昇と、総じてポジティブな反応を見せました。

<決選投票の行方は依然不透明もボウソナロ氏がやや優勢か>

決選投票の行方は依然不透明な状況となっているものの、第1回投票では、ボウソナロ氏の得票率がアダジ氏を大きく上回ったことから、ボウソナロ氏がやや優勢とみられています。

ボウソナロ氏は財政再建や社会保障改革などの構造改革に比較的前向きとみられ、市場の評価を得ていることから、今後発表される世論調査でボウソナロ氏がリードしている状況がより鮮明になれば、ブラジル・レアルの上昇を後押しする材料になりそうです。

以上

当資料のお取扱いにおけるご注意

  • 当資料は、ファンドの状況や関連する情報等をお知らせするために大和投資信託により作成されたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • 当資料は、各種の信頼できると考えられる情報源から作成していますが、その正確性・完全性が保証されているものではありません。
  • 当資料の中で記載されている内容、数値、図表、意見等は当資料作成時点のものであり、将来の成果を示唆・保証するものではなく、また今後予告なく変更されることがあります。また、記載する指数・統計資料等の知的所有権、その他の一切の権利はその発行者および許諾者に帰属します。
  • 当資料中における運用実績等は、過去の実績および結果を示したものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。
  • 当資料の中で個別企業名が記載されている場合、それらはあくまでも参考のために掲載したものであり、各企業の推奨を目的とするものではありません。また、ファンドに今後組み入れることを、示唆・保証するものではありません。