会社情報

会社の基本情報

ファンドの運用について

ビジネスレポート

投資信託協会「定款の施行に関する規則」に基づく開>示

会社沿革

わが国でもっとも古くからファンド運用業務に携わってきた大和投資信託の歩みと、主なファンド受賞歴をご紹介します。
受賞ファンド一覧
                  
1937年 大和證券の前身・藤本ビルブローカー証券、藤本有価証券投資組合を設立
(わが国の投資信託の嚆矢)
1951年 証券投資信託法制定
大和證券、投資信託運用会社として登録
ユニット型投資信託設定開始
1952年 わが国初のオープン型投資信託を創設
1959年 わが国初の受益権分割(1:1.5)を大和オープンで実施
大和證券より分離、大和証券投資信託委託株式会社として設立
1973年 わが国初、ファンドマネージャー制を導入
1981年 アキュムレーション方式を導入した「新国債ファンド」を設定
1983年 わが国初のセレクト型投資信託「スーパー・セレクト・ファンド」を開発・設定
1984年 ニューヨーク駐在員事務所開設 (1990年 米国現地法人)
1986年 期間20年の長期追加型「ドリーム21」、日経・年間優秀製品賞'86 優秀賞受賞
1987年 給与天引き型「ミリオン」、日経・年間優秀製品賞'87 最優秀賞受賞
英国現地法人設立
1988年 年金型投信「ステップ」、日経・年間優秀製品賞'88 優秀賞受賞
香港現地法人設立
1990年 モーゲージ組入型「ジャンボ・アルファ」、日経・年間優秀製品賞'90 優秀賞受賞
1992年 追加型公社債投信「ダイワMMF」を設定
1994年 通貨オプションを活用した「ニュー インカム チャンス」、日経・年間優秀製品賞'94 優秀賞受賞
シンガポール現地法人設立
1995年 証券デリバティブを活用した「スーパーTAA100」を設定
投資一任業務認可
1998年 投信の銀行窓口販売開始
1999年 持株会社体制のもと、大和証券グループの主要会社となる
2001年 わが国初、目論見書の電子交付を実施
ETF 「ダイワ上場投信−日経225」、「ダイワ上場投信−トピックス」を設定
2002年 ユニークな分野を初めて開拓した「地域応援ファンド」を設定
2003年 「ダイワJ-REITオープン」を設定
2004年 CSRに取組む日本企業を応援する「ダイワSRIファンド」を設定
世界のコモディティ(商品)価格の中長期的な上昇を享受する「ダイワ・コモディティインデックス・ファンド(ジム・ロジャーズ世界探検記)」を設定
2005年 投信の郵便局での販売が開始され、「大和 ストック インデックス 225 ファンド」が採用
2006年 「国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)」が公表した「責任投資原則(The Principles for Responsible Investment)」に署名
2008年 イスラム法(シャリア)に適合したETF 「Daiwa FTSE Shariah Japan 100」をシンガポール金融商品取引所に上場
2010年 インドにおいてアセットマネジメント会社を買収
2011年 持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融行動原則)」に署名
2012年 本社を東京都千代田区丸の内一丁目9番1号に移転
2013年 バーゼル3(ダブルギヤリング規制)に対応したETF「ダイワ上場投信・TOPIX Ex-Financials」をわが国で初めて設定
NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)の制度趣旨や特徴を踏まえ、NISA向け商品に必要な特性を備えたファンド(年1回決算型、バランス型、安定型など)を豊富に設定
2014年 「JPX日経インデックス400」指数への連動をめざす「ダイワJPX日経400ファンド」、ETF「ダイワ上場投信−JPX日経400」を設定
「責任ある機関投資家」の諸原則《日本版スチュワードシップ・コード》」の受入れの表明と取り組み方針を公表
2015年 海外販売ファンドの日本株運用受託やUCITSファンドでの共同運用を韓国大手運用会社ミレーアセット・グローバル・インベストメンツとの間で開始

このページの先頭へ