会社情報

会社の基本情報

ファンドの運用について

ビジネスレポート

投資信託協会「定款の施行に関する規則」に基づく開>示

リサーチ体制

変化の激しい社会情勢のなか、運用の基盤となる情報を正確・迅速に収集・分析するスペシャリスト達が、運用をバックアップしています。
内外の経済情勢、市場動向、企業動向など膨大な量の情報を社内のリサーチ部門で調査・分析し、投資価値を追求します。
インハウス・リサーチ部門の活動の成果は、投資環境検討会などを経て、運用会議に集約され、当社独自の分析結果を運用に反映させています。
また、大和証券グループの大和総研等の調査・分析も活用され、当社のインハウス・リサーチの守備範囲を拡げるとともに精緻さを高めています。

インハウス・リサーチ

海外・国内マクロ経済および市場動向の分析

景気、産業、金利、為替など運用に必要な海外・国内マクロ経済情報や株式市場動向を、エコノミスト、ストラテジストが精緻に分析し、運用をサポートします。

企業調査

アナリストが企業訪問をベースに収集した産業・個別企業の情報は、定性・定量の両面から分析が行なわれ、ファンドマネージャーとの徹底的なディスカッションを通じて運用に活かされます。

クウォンツ・リサーチ

最新の投資理論に基づき計量的な手法を駆使したリサーチと独自の運用モデルの開発により、運用を支援します。

クレジット・リサーチ

内外発行体の財務情報と取材等によるボトムアップ分析に加え、独自の定量分析ツールによるトップダウン分析によって信用リスクを評価することで、付加価値の獲得をめざします。

リサーチ体制

企業調査アナリスト、エコノミスト、ストラテジスト、クウォンツ・アナリスト、大和総研によるリサーチ体制により運用をバックアップしております。

このページの先頭へ