会社情報

会社の基本情報

ファンドの運用について

ビジネスレポート

投資信託協会「定款の施行に関する規則」に基づく開示

クラスター爆弾製造企業への投資その他の取扱いについて

平成26年7月28日
大和証券投資信託委託株式会社


クラスター爆弾禁止条約(オスロ条約)が平成22年8月1日に発効いたしました。

当社は、当該条約批准国の運用会社として、クラスター爆弾を製造している企業への投資その他の取扱いについて、平成22年7月30日、原則的な対応方針を下記の通り決定しております。
なお、インデックス・ファンドにおいては、インデックスの動きに連動させることを目指して運用することを目的とするため、運用者である当社としては受益者に対する忠実義務の観点から、インデックスが構成銘柄とする限りファンドにおいても投資対象銘柄といたします。

当社が運用指図権を有するファンドにおけるクラスター爆弾製造企業への投資その他の取扱いについては、次の方針を基本原則として対応する。

  1. クラスター爆弾製造企業の発行する有価証券の組入れは、アクティブ・ファンドにおいて行わない。現に組入れのあるものについては、すみやかに売却する。
  2. クラスター爆弾製造企業の発行する株式の議決権行使において、クラスター爆弾の製造からの撤退・縮小を求める株主提案が提示された場合には、当該株主提案に賛成する。

以上



このページの先頭へ